天井点検口

 

見えない部分のメンテナンスをするために、床下や小屋裏などへの入口として点検口を設けます。

木造の場合は床下点検口を1階に一箇所、天井点検口を2階に一箇所取り付けます。
モデルハウスは1階が鉄筋コンクリート、2階が木造の混構造となっているので、
上記の2箇所以外に 1階と2階の間にも点検口が必要となってきます。

Exif_JPEG_PICTURE

通常点検口は、アルミや樹脂の枠が見えてくるのですが、
今回は枠が見えないよう天井材と同じレッドシダーで枠を隠しています。

台所の裏手なので目立ちにくい部分ではありますが、細部にも美しく仕上げたいというこだわりです。

 

モデルハウスコンセプトはこちら→モデルハウス「空を囲む家」