Vol.150 都会の植栽散策

神戸BALが改装したと聞いて、行ってきました。

 

鞄のブランドCOACHがあったビルも合わせて改装し、ESTNATIONというブランドの路面店が出店していました。路面店としては、関西初出店のようです。

 

EVで最上階(3F)に上がると、お花をアレンジメントするようなショップがあり、その奥にカフェがありました。目立たない場所ですが、お客様はいらしていました。スペースは狭いですが、オシャレな十分くつろげる場所になっています。一度訪れてみてはいかがでしょうか?

 

下におりていきますと、ソファーがおいてあるスペースがありました。
カップルや家族で買い物をしている際に、すこし座って休憩できるようにしているのでしょう。 鉢植えの植栽があり、オシャレに演出されています。

 

 

次に、京都BALにもオープンしているTODAYS SPECIALに行きました。
同じフロアにイソップというスキンケア用品を扱う店がオープンしていました。

 

デザイナーが内装設計されており、建築系のメディアでも、多数紹介されているブランドです。
建築ミーハーなのか? 商品よりも、店づくりにどうしても目が行きます。素材にこだわった、シンプルで色あせない店づくりになっています。

 

 

上の写真で、廊下部分に鉢植えの植栽があります。BAL側で用意されたものでしょう。
かなり目立っています。

 

BALのビルの窓から外を見てみると、レトロなビルの上に屋上庭園を発見!!手入れがされていない雑多な感じですが、味わいがあります。

 

 

お店を散策するつもりが、いつのまにか、植栽散策になっていました(笑)

 

 

住宅づくりにおいても、植栽は重要な存在です。
弊社の施工事例でも植栽にこだわった空間をたくさん紹介しております。

 

自然のままの雑木林が残る敷地の魅力を生かした「緑がつながる家」

 

庭の緑を最大限楽しめるようにと斜めに開かれた開口が印象的な「庭に広がる家」

 

癒しの空間づくりの参考に、植栽を中心にして、施工事例や街中をチェックしていただくのもおもしろいのではないでしょうか?

 

担当:設計

 

 

IDAHOMES Instagram

IDAHOMES Facebook

IDAHOMES LINE
友だち追加