Vol.163 世界一のクリスマスツリー

今月8日からルミナリエが始まりましたが、皆さんはもう行かれましたか?
私は、ルミナリエに先立って6日に家族とメリケンパークの「世界一のクリスマスツリー」を見に行ってきました。

 

ライトアップされた世界一のクリスマスツリー

神戸駅からメリケンパーク・南京町を経由して元町までのルートです。私が行った6日は飾付けのないほぼ裸の状態で、正直なところ拍子抜けをしました(^▽^;)会場に置いてあったイベントの紹介チラシによると、10・17・25日に、募集したオーナメントの飾付け式を行うそうです。

 

十分迫力がありますが、オーナメントで飾るとまた印象がガラッと変わりそうです!

 

ルミナリエに便乗して100万人の来場を目標としているとのことで、最終的にツリーの姿がどうなるのか楽しみです。後日ルミナリエを見に行くときにもう一度立ち寄りたいと思います。

 

ちなみにツリーの台座の部分は張りぼてになっていて、階段で上に登ると幹に直に触ることができます。
実物を見た印象としては、富山の巨木を神戸まで運んでクリスマスツリーとして立ち上げることなどほとんど奇跡的な出来事ですから、そうしたことに思いをめぐらすと無関係ながら感慨深いものがありました。

 

ツリーの前には「空中植物と光のトンネル」というトンネル状の通路があって、エアープランツがびっしり取り付けられていました。私はこれが気に入り、お店で買うと全部でいくらになるのか思わず計算してしまいました(笑)

 

神秘的なエアープランツのトンネル

 

夜のメリケンパークなんていつ以来か覚えていませんが、たまにはいいものですね。

 

夜のメリケンパーク。神戸らしい風景です。

 

近くにあるフランク・O・ゲーリーのフィッシュダンス横のカフェの看板が、TOOTH TOOTH×そら植物園に変わっていました。こんど夫婦だけで行きたいと思います。

 

TOOTH TOOTH×そら植物園

 

ネットニュースでは、樹齢150年の大木を期間限定のクリスマスツリーにすることに否定的な意見も出ています。さまざまな意見があるかと思いますが、こうした意欲的な企画が出てこなくならないことを望みます・・・。

 

担当:設計

 

IDAHOMES Instagram

IDAHOMES Facebook

IDAHOMES LINE
友だち追加