Vol.110 冒険の森 ~放置された森林を笑顔で満たすプロジェクト~

以前からやってみたかったジップラインに行ってきました。

 

 

場所は、「大阪のてっぺん」と呼ばれる大阪府能勢町で、
今年7月にオープンしたばかりの冒険の森と言う3号目の施設です。

 

ここはもともと、キャンプ場で大阪府立総合野外活動センターの跡地(敷地面積約80,000㎡)だったので、
行く道中は本当にこの奥に施設があるのかと言うぐらい廃墟状態でやばかったです。

 

2

 

池の上空を滑空するジップラインが楽しめるツリートップアドベンチャーやフォレストセグウェイツアーの
2種類のアトラクションがあります。

◆アドベンチャーコース 140cm以上 体重120キロ以下
◆ディスカバリーコース 小学生以上 110cm以上 体重120キロ以下

 

ツリートップアドベンチャーは、文字の通りの木の上部でのアスレチックになります。

だからこそ安全第一で行わないといけないので、大人から子供まで皆がフルハーネスと言われる安全器具を
装着してから出発になります。

 

1

 

工事現場でも高所作業をする場合には、
ハーフタイプのハーネスを装着したり、安全帯を装着して作業をしていましたが、
今は、より安全面を考慮して、フルハーネスタイプの着用での作業が増えてきています。

 

 

最初は低いところで、ハーネスに取り付けられた、3つのフック(カルビナ)の使用方法を説明をして頂きました。

ポイントは必ずどこか一つがワイヤーに引掛かっている状態で次につけてかえて移動していく事です。

そうでないと本当に落ちて大怪我になっちゃいますんでね…(^_^;)

 

最初は、カルビナや滑車の使い方に迷っていましたが、
だんだん慣れて来たら、何も言わなくてもしっかりとやっていました。

 

3

 

 

その次の戦いが、高さです。

 

高いところが苦手な大人や子供は、本当に動けなくなってしまい、
後ろの人に迷惑をかけてしまいますので十分に確認した上で決めましょう。

(因みに私の場合は、体力と握力の限界でした…><)

 

4

 

 

数々な難関をクリアして行くと、最後に待っているのが池の上空を越える国内最長級の517mのジップライン。

本日のメインイベントで~す。

 

7 6

 

高さも今までとは違い、5m以上で本当に木のてっぺんぐらいまで登って行ってからのジップラインになります。

木も上部の方になると当たり前ですが、かなり細くなってくるので、大丈夫かなと心配にになりますが、
木は粘りがあるので、そう簡単には折れないもんだなあと改めて感心。

 

ジップラインは最高に気持ちよかったです。(あっという間でしたが…)

 

5

 

 

 

 

担当:工務