年末年始営業のご案内

 

*IDA HOMES 年末年始の営業*
年末は12月27日(金)まで、
年始は1月6日(月)より通常営業させていただきます。

尚、お問合せ・資料請求は下記フォームへお願いします。
お問合せ&資料請求はコチラ 
1月6日以降、順次ご対応いたします。

 

 

【NEW】 WORKS 追加しました!

 

【NEW】WORKS 追加しました!

2013.12 

弊社のお客様のご厚意により、新しい施工例を追加掲載しました!

のどかな家

是非家づくりのご参考にしてくださいね!

 

 

植栽

 

丹波石の隙間に植栽を植えていきます。
一般的に植栽と言えば植木屋さんに見栄えよく育てられたものが主流でした。
モデルハウスでは、山から採ってきた木を使っています。

model-40

山採りの木は育ってきた環境によって一つ一つに全く違った個性があり、
石を配置したときと同様に、木の”顔”を見つけて配置しました。

一度山採りの木の魅力を知ってしまえば、木が持つ自然本来の力強く、
それでいて繊細な美しさの虜になってしますことでしょう。

 

モデルハウスコンセプトはこちら→モデルハウス「空を囲む家」

鉄の門扉

 

入口には鉄の門扉を配置しました。
model-39
1枚の鉄の板を扉にするのではなく、隙間の空いたデザインにすることで
内部の光が漏れだし、中へ入っていく期待感が高まっています。
重厚感がありながら、繊細さも兼ね備える鉄は、家の顔となる門扉には
お勧めの素材です。

モデルハウスコンセプトはこちら→モデルハウス「空を囲む家」

丹波石

 

建築部分が終了し、いよいよ外構工事に入ります。
設計士が自ら選んだ1トンほどある大きな丹波石を正面に並べていきます。
クレーン車で石を吊上げ、1つずつ角度や位置を指示しながら配置していきました。
model-38

その際、一番重視したのは石の”顔”はどこにあるかということです。
山から採掘されてきたままの石なので、ところどころ苔がついていたり、
風化によって削り取られて角ばっていたり・・・そんな石の一番いい表情が見えるように
配置していくことを心がけました。
石の裏側には断熱材を敷き詰め、室内の快適性を確保し、
さらに隙間には土を盛ってこれから植栽を植えていく計画です。

1階部分を石や土で埋めることで建物の高さが低く見えるように工夫しています。

モデルハウスコンセプトはこちら→モデルハウス「空を囲む家」

メディア掲載 SUUMO注文住宅2013秋冬に掲載

 

 2013年10月21日発売のSUUMO注文住宅 兵庫で建てる2013秋冬
に掲載しています。
今号もIDAHOMES自信の完成物件を掲載しています。

書店やコンビニにて発売中ですので是非ご覧ください!
本の裏表紙にも施工例を載せておりますので、
こちらもチェックしてみてくださいね。

掲載貢:108、130~133
img10-1

 

 

内部建具塗装

 

扉の塗装を行いました。
塗装には植物オイルを使用しています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それにより、体に優しく、木そのものの質感や風合いを残した仕上げ
となります。さらに、先に製作したリビングボード、ダイニングボードと
色を合わせて着色することで、空間に統一感が出ます。

 モデルハウスコンセプトはこちら→モデルハウス「空を囲む家」

中庭石工事

 

モデルハウスは、中庭を囲むように部屋が配置されています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中庭の床材によって家全体のイメージが大きく違って見えます。
例えばウッドデッキで仕上げたとすると、木質の温かみが生まれるだけでなく、
LDKとのつながりが生まれ、空間をより広く見せることができたことでしょう。

今回は、大判の錆御影石を選びました。
中庭を囲むRCの重厚感も合わさって、静寂な雰囲気を醸しだしていますが、
空だけが際立っているように見えます。
住宅街にいることを忘れてしまうような静かな場所を作り出しています。

モデルハウスコンセプトはこちら→モデルハウス「空を囲む家」

足場を解体

 

建物の外装が仕上がると、いよいよ足場を撤去します。
初めて建物の全景を見ることができます。
屋根のラインはシャープに仕上がり、
木製カーテンウォールには空が映り込み、環境を外観に取り込んでいます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 モデルハウスコンセプトはこちら→モデルハウス「空を囲む家」

神戸市西区 M邸 完成現場見学会

松本・森山邸完成現場見学会チラシ完成【場所】神戸市西区井吹台 【予約制】
【日程】10/28(月)~11 / 4(月)
【時間】10:00-17:00

この度、お客様のご厚意により完成見学会を開催することとなりました。

今回の物件は、『内・外 つながりの家』

二世帯住宅の計画です。
道路面より建物を平行にせず、少し角度をずらすことで周りの住宅の
窓の重なりを避けて、庭への視線が広がる計画となりました。

1階親世帯は、お母様のライフスタイルを重視した動線計画、
庭へのつながり感じるプランとなっております。

2階子世帯は、LDKと勾配天井・ロフトの縦空間のつながり、
LDKとバルコニーで横空間のつながり、この上下左右のつながりにより、
気持ち良い大空間を感じられます。
また、床や壁など素材にもこだわりました。

IDA HOMESとお客様の家づくりの完成形をご覧いただける機会となっております。
是非お気軽にご参加下さい。

完全予約制となっておりますので、下記からお気軽にご予約ください。

漆喰塗り

 

モデルハウスの1階の壁は漆喰で仕上げてあります。
漆喰と言えば真っ白で左官屋さんのコテの跡がいい味を出している・・・
というイメージが強いかと思いますが、
漆喰にも様々な種類があります。

白は白でも青みがかった白はさわやかな印象に、赤みがかった白は
温かみのある印象にと使い分けます。
同じ左官仕上げでもコテむらを多く残すと素朴な印象に、
ぴかぴかに磨き上げると上質な印象に見えます。

今回のモデルハウスでは、コンクリート、大谷石、サッシや天井に用いている木の色と
様々な色が合わさってできているので、
全ての色をより映えるようにするためにできるだけ純粋な白を使いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、素材に関しても同様に様々な質感が合わさっているので、
漆喰はできるだけ協調しないようコテむらをおさえてさらっとした印象に仕上げています。

同じ素材でも仕上げ方によってかなり表情が変わります。

 

モデルハウスコンセプトはこちら→モデルハウス「空を囲む家」