Vol.169 廃材を材料にした工作教室に行ってきました!

先日、工作好きの娘に連れられて、工作教室に行ってきました。

 

こどもSOZOプロジェクトスペース という、KIITO(デザイン・クリエイティブセンター神戸)が主催しているイベントで、廃材を使って、好きなものをつくるというワークショップです。

申し込みは必要ですが、無料ですので、家計にも優しいイベントです。
こどもが楽しくつくっている風景は非常に印象的でした。

 

今回のブログでは、その様子を少しご紹介できればと思います。

 

なにをつくってもよいです!今回は黒い色を入れてみましょうと説明があり、1時間30分程の時間でつくりましょう!といって始まりました。

 

まずは工作の材料(廃材)選びです。
材料(廃材)は、企業から寄付されているようで、靴をつくる際にでるゴムやアクセサリー、木材といろんな素材が整頓され、こどもが選べるようになっています。

 

いろいろな廃材のなかから、好きなものを選びます!

(さらに…)

Vol.168 初詣に岡山へ

突然ですが、みなさん初詣はどちらへお参りされましたか?

 

私は毎年、宝塚の清荒神へお参りに行っていましたが、今年は「ちょっと変わったおみくじが引ける」という話を友人から聞き、少し足をのばして、岡山県の由加山蓮台寺へ行ってきました。

 

(さらに…)

【メディア情報】precioプレシオ 関西版 3月号に掲載

precioプレシオ 関西版 3月号に、IDAHOMESが掲載されております。
(プレシオとは、発行エリアの病院及び医院へ配布されているマガジン)

 

 

目次の隣ページに、最新施工事例「季節が住む家」が掲載されておりますので、
お手に取る機会がございましたら是非ご覧ください。

 

IDAHOMES Instagram

IDAHOMES Facebook

IDAHOMES LINE
友だち追加

Vol.167 日々の生活について

日々過ごす生活の様々な場面には、たくさんの可能性があります。
でも、私達はそれを見て見ぬふりをしていることの方が多いのかもしれません。

 

私はずっと都市部で生活してきたこともあり、たくさんの人が行きかう忙しなさや、コンクリートの建物に囲まれた街並みに、いつの間にか慣れきってしまっていたのだと思います。それ故なのか、自宅と会社までの同じ道すじを往復することで完結してしまっていた日常を過ごすうちに、日々の生活に対して目新しさや好奇心を失っていたことに、ある日ふと気付きました。

 

(さらに…)

HIGH QUALITY×BUILD 2018 に認定されました

IDA HOMESが設計・施工させていただきました山の季節がある家が、
「HIGH QUALITY×BUILD 2018の1軒に認定されました。

 

 

HIGH QUALITY×BUILD(ハイクオリティビルド)とは、住宅情報誌「モダンリビング」および建築専門誌「建築知識ビルダーズ」が、質の高い設計・施工がなされ、デザインセンスに優れた日本各地の住宅を認定するものです。

 

主にインテリア・外構などの”デザイン的側面”と、設計・施工の”ハード的側面”を検証し、暮らしやすさ、心地よさを重視したプランニングや上質感のあるインテリア提案、精度の高い施工と仕上げの品質など、30項目に及ぶポイントを高いレベルでクリアした住宅を「HIGH QUALITY×BUILD(ハイクオリティビルド)」と認定する制度となっております。

 

→ モダンリビング 山の季節がある家 ページはこちら ←

→ 山の季節がある家 施工事例ページはこちら ←

 

 

IDAHOMES Instagram

IDAHOMES Facebook

IDAHOMES LINE
友だち追加

Vol.166 毎年恒例!お餅つき大会

気付けば、とんどや鏡開きなど、お正月の名残がある行事も終わり、あっという間に1月も終盤を迎えようとしています。

 

IDAHOMESでは、12月23日に恒例の「年忘れお餅つき大会」を行いました!

 

お餅つき大会の当日は天候もよく、朝から社員全員でテントを建て準備を整え、例年の通り社長が初めに杵を持ち、掛け声をかけながら、餅つき大会がスタートしました。

 

社長の力強い杵さばきに、社員の「よいしょ~」の掛け声にも力が入ります

 

毎年の事ながら、OBのお客様が来てくださったり、近所にお住まいの方、たまたま通りすがりに足を止めて餅つきを珍しく見入っている方などで賑わい、出来立てのお餅も直ぐになくなり、盛況に終わりました。

 

棟梁と現場監督の息の合ったコンビネーション!

 

本年も、IDAHOMESの家づくりの輪が広がる様に、社員一丸となってがんばって行きますので宜しくお願い致します。

 

担当:工務

 

IDAHOMES Instagram

IDAHOMES Facebook

IDAHOMES LINE
友だち追加

【メディア情報】SUUMO注文住宅 兵庫で建てる2018冬春に掲載

1月20日発売の、SUUMO注文住宅 兵庫で建てる 2018冬春号に、IDAHOMESが掲載されています。

 

 

今号では、最新の施工事例「季節が住む家」を中心に掲載されております。

 

→「 季節が住む家 」の詳細はこちら

 

「どこに建物を配置するか」「窓をどのように開けるか」などを考慮し、敷地のポテンシャルを最大限生かしました。大開口の窓からの射し込む陽光・溢れる緑が心地良い空間をつくります。

 

その他にも、岸地の魅力を引き出し、まるで浮遊しているかのような感覚で眺望を楽しむことが出来る「空に剝く家」など、IDAHOMESの様々なスタイルをご覧いただけるかと思います。

 

その他にも見学会の案内や、会社情報などを掲載しておりますので、是非お近くの書店・コンビニにてご確認ください。
また、弊社ギャラリーにも置いておりますので、お気軽にお声がけください。

 

掲載貢:P75/P124/P134~139/裏表紙

 

 

IDAHOMES Instagram

IDAHOMES Facebook

IDAHOMES LINE
友だち追加

甲陽園の家 完成見学会レポート

1月13日(土)・14日(日)に「 甲陽園の家 完成見学会 」を開催いたしました!
IDAHOMESとして新年最初の見学会となりましたが、たくさんのお客様にご来場いただきました。

 

 

 

閑静な住宅街に、存在感を放ちながら街並みに自然と馴染むように建つ今回のお住まい。

 

最高気温が6~7℃という、今冬のなかでも一層寒さが増す気候での見学会となりましたが、ご来場いただいたお客様からは「家の中がとてもあたたかい」といった声を多くいただきました。

 

床暖房の足元より体を芯から温める効果を最大限に生かす、断熱性能や気密性の高さを意識したIDAHOMESの家づくりを、室内外の寒暖差も相俟って肌で体感していただけました。

 

たっぷりの陽光、南北への風の抜けが心地よい空間

 

その他にも、「敷地の使い方が参考になる」「光の入り方が心地良い」「リビングと外とのつながりを感じられるのが魅力的」などの声もいただきました。

 

また、パントリー内に冷蔵庫などのキッチン家電をまとめて収納することで、キッチンまわりがすっきりとした印象となっている間取りが好評でした。
玄関を開けてそのままパントリーへ行き、そこから料理や洗濯へとムダなく動きやすい家事導線も、お子さまの多いご家庭ならでは。「どうすれば効率よく楽しんで家事が出来るか・・・」そんなご家族のライフスタイルに寄り添ったプランがたくさん詰まった間取りも、みどころのひとつです。

 

こちらの甲陽園の家は引き続き、今週末1月20日(土)・21日(日)の2日間、完成見学会を行います!
前回ご来場のタイミングを逃してしまった方も、初めて興味を持ってくださった方も、IDAHOMESの家づくりの完成形を実際にご覧いただける機会となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。ご予約お待ちしております。

 

※詳細はこちら  甲陽園の家 完成見学会
※ご予約はこちら 甲陽園の家 完成見学会お申し込みフォーム

 

なお、今回の見学会開催にあたり、お施主様には大変お世話になっております。スタッフ一同深くお礼申し上げます。
今週末もよろしくお願いいたします。

 

IDAHOMES Instagram

IDAHOMES Facebook

IDAHOMES LINE
友だち追加