コンクリート防水工事 スマートフォーム

 

コンクリートの防水工事としてスマートフォーム(打ちこみ式防水型枠)の
施工を行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モデルハウスの1階部分は土に埋めてしまう予定なので、
地下室と同様に防水工事が必要です。

以前は「地下内壁二重壁工法」という施工日数も労力も必要となってくる工法で
行われていたのですが、このスマートフォームを使うことで、
合理化・省力化を図ることができます。

従来のものと同様の防水機能をもち、施工に必要な厚みも小さいので
地下スペースを有効活用できるのです。
さらに、施工上必要な材料も少なく、エコでもあります。

モデルハウスコンセプトはこちら→モデルハウス「空を囲む家」

 

 

壁の配筋

 

基礎と同じように、壁もしっかりと配筋していきます。
鉄筋コンクリートは圧縮(上からの荷重に耐える力)に強いコンクリートと、
引っ張り(横にずれたり曲がったりするのに絶える力)に強い鉄筋の両方を組み合わせることで
強固な躯体を形成しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真(下)は、圧縮試験でコンクリートに圧縮荷重を加えて、
ひずみや応力などを測定し、変形の仕方を調べています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 同様に鉄筋の検査も行います。
配筋の段階で、24時間換気のための通気口やエアコンのダクトのために
穴を確保しておかなければなりません。
穴を開けておくための筒を配筋にしっかりと取り付けておきます。
この筒がずれてしまうと、きれいに設備がおさまらないので、
担当者総出で一つ一つ入念にチェックを行いました。 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モデルハウスコンセプトはこちら→モデルハウス「空を囲む家」

型枠工事

 

モデルハウスは1階が鉄筋コンクリート、2階が木造の混構造となっています。

写真は1階の鉄筋コンクリート部分を形成する為の型枠工事になり、
化粧板や金物を使って組み立てていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

モデルハウスでは、メインとなる箇所の型枠には、化粧板ではなく杉板を使っています。
杉板を型枠として用いると、杉板のアクがコンクリートに染み出して、木目がコンクリートに写りこみます。
コンクリート打ち放しといえば、表情の無いものを想像されるかと思いますが、杉型枠を用いることで、木がもっている温かみと、
コンクリートのもつ重厚感、両方を併せ持った質感になるのです。
さらに、杉板1段ごとに2mmの段差をつけました。
段差でできる細い陰影が、さらにコンクリートの表情を豊かにしてくれます。

 

モデルハウスコンセプトはこちら→モデルハウス「空を囲む家」

 

配筋

 

基礎の骨組をつくっていきます。

鉄筋同士の間隔や鉄筋の太さなどを細かく指示された設計図通りに配筋していきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Exif_JPEG_PICTURE

正しく配筋することで、頑丈な基礎をつくることができます。
見えない部分にはなりますが、安心して何年も生活していく上で、
これから行う構造もですが家づくりにおいて大変重要な部分となります。

モデルハウスコンセプトはこちら→モデルハウス「空を囲む家」

捨てコンクリート工事

 

基礎をつくる前処理として、捨てコンクリート工事を行いました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
基礎の底面を滑らかにするためのもので、工事はこの面を基準として進められていきます。
この面上に *墨出しをしていき、基礎の中心や型枠の位置を決めていきます。

*墨出しとは、工事中に必要な線や位置などを床や壁などに表示する作業のこと。

モデルハウスコンセプトはこちら→モデルハウス「空を囲む家」

土留工事

 

土留工事を行います。
隣地のお庭のレベルより深く土を掘っている為、土留めを行います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
周囲の土砂の崩れ込みを防ぐとともに地盤を安定させる働きがあります。
この土留めは親杭横矢板工法といい、比較的硬い地盤に適した工法です。

 モデルハウスコンセプトはこちら→モデルハウス「空を囲む家」

地縄確認→地鎮祭

 

 担当スタッフ全員で配置の確認を行いました。

建物の外周部に縄を張り、建物のおおよその位置を決めていきます。
この時に隣地境界線までの距離や隣家の窓の位置等をチェックしておきます。

Exif_JPEG_PICTURE

地縄張りが終わると、工事の無事や安全、建物や家の繁栄を祈る儀式「地鎮祭」を行いました。

いい家が完成しますよ~に!

モデルハウスコンセプトはこちら→モデルハウス「空を囲む家」

土地の特徴・特性を読みとる

 

本日よりモデルハウスの家づくりレポートを
掲載していきます。
掲載が遅くなりましたので、だいぶ遡って着工からの掲載になります。

まずは、プランに合わせて土地を整えていきます。
model-1

元々隣地と同じだけあった高低差を古家解体と同時に全て無くしました。
道路と高低差が有る敷地の場合、通常は土が崩れない様に
擁壁等、土留を敷地の高さまでつくり、その敷地の上に建物を造りますが、
今回の計画では1階部分を道路の高さに合わせる為に
大きなパワーショベルをつかって、土を取り除きました。

モデルハウスコンセプトはこちら→モデルハウス「空を囲む家」