求人情報更新しました

 

求人情報を更新いたしました。→求人情報はこちら

IDA HOMESでは私たちの想いに共感し、共に働いていただけるスタッフを募集しております。

職種によっては、子育て世代の方歓迎・在宅勤務も可能ですのでご相談ください。

ご応募お待ちしております!

【急募】:現場監督

 

社員家族も参加♪社内BBQ親睦会

 

IDAHOMES Instagram

IDAHOMES Facebook

IDAHOMES LINE
友だち追加

ZEHについて

*IDA HOMESはZEHビルダーとして認定登録されています。

 

 

ZEHとは?

 

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、住宅の躯体・設備の断熱性能の向上、
家で消費する電力を減らすために省エネ効果の高い設備機器を導入すること、さらに再生可能エネルギー(太陽光発電)などを
プラスし、年間に消費するエネルギー量の収支がほぼゼロになる住宅のことをいいます。

 

ZEHは補助金が交付されます。

 

国はZEHを普及促進するため、新しく家を建てる多くの方が導入しやすいように、2012年より補助金交付制度を開始しました。
詳しくはコチラ→経済産業省ZEHについて

 

ZEHビルダーとは

 

「ZEHロードマップ」の意義に基づき、自社が受注する住宅のうちZEH(Nearly ZEHを含む)が占める割合を2020年までに50%以上とする
事業目標を掲げるハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者等のこと。

 

 

IDA HOMES ZEH目標/実績データー

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
目標 目標 目標 目標 目標
5% 10% 30% 40% 50%

 

 

詳しくはお問い合わせください。

お引渡し(神戸市北区)

こんにちは‼︎神戸注文住宅営業担当の植田です。梅雨の中休みですね。今週前半は晴れそうですよ。

先日、神戸市北区で引渡しを行いました。初めてお会いした時から弊社で建築することを宣言していただいて嬉しい反面、期待に応えないといけないプレッシャーが昨日のことのように思い出されます。

これからもよろしくお願いします‼︎

引渡し時にお母様からサプライズの演出が…

お引渡しした建物と担当者が入った絵を描いていただきました。ありがとうございます‼︎

Vol.241 高低差をたのしむ建築

こんにちは。兵庫・神戸注文住宅IDA HOMESのHaseです。

 

先日、大学時代の友人とリモート飲み会をしていたときに、昔行った旅行の話になり「あの建築良かったよね~」と話しながら思い出した建物があったので、今日はその建物の話をしたいなと思います。

 

その建物は、香川県にある「瀬戸内海歴史民俗資料館」

 

 

海に面した山道を車でひたすら登るとたどり着くこの建物から、瀬戸内海の海を見下ろす光景が清々しく気持ちよく、夏の日差しが建物にとても良く似合っていたのを覚えています。

 

この資料館は、香川県庁職員として地域に根ざした建築を追及した建築家・山本忠司さんが、県の建築技師で初めて日本建築学会作品賞を受賞した建築です。

 

ブログを書こうと思い写真を掘り返してみると、訪れたのは2014年7月だったので約6年前になります。話していたときは、そこまで前だとは思っていなかったのですが、月日の流れは凄まじく早いですね…(笑)写真に写っていた自分の姿もさすがに若くて、懐かしくなりました。

 

なんといってもこの建物は、高低差が面白い印象で。

 

階は同じですが、奥の部屋は少し床の高さが下がっています。

 

中庭を囲むように大小さまざまな大きさの展示室が配置されているのですが、それぞれの床面の高低が違うので、展示室を進むごとに変化を楽しめます。

 

高低差を楽しみながら回遊できる中庭

 

木々が植えられている中庭に面した窓からの光だけで、日中は十分過ごしやすいんじゃないかと思う位、心地良い明るさで。中庭の窓を通して、次の展示スペースが見えるのも面白い仕組みだな~と思いました。

 

海賊の城をイメージして設計されたそうですが、大小10の床面の高低が違う展示室を回遊するなかで、アップダウンの変化を楽しめるところが、海賊のような冒険心をくすぐるのかもしれません。

 

 

ちょっとした段差や高低差によって、視点の位置が続々と変化し、それによって見え方感じ方が変わる。密かな高低差・勾配好きの私としては、くすぐられるポイントでした(笑)

 

公式ページを見ていると、館内合計170段以上を数える階段や屋外を通りながら巡ると書かれていました。ほぼ平屋(一部中2階)の建物内外の階段数と考えると驚きです。「いやいや、段差ありすぎでしょう!」と(笑)

 

また特徴的な石積外壁は、建築工事の際に出た石を積み上げるように貼り付けているそうです。

 

この石積外壁の階段を上ると、屋上の展望スペースへ着きます。ここからの瀬戸内海を望む眺めも素敵でした。

自然地形をそのまま生かした、地域の特色を建築に生かしているところに郷土愛を感じますよね。

 

 

「建築を見る」という視点で、博物館や資料館を訪れてみるとまた新しい発見があります。

 

友人と「また行きたいよね~」なんて話をしていたので、今の状況が落ち着いたらまた行けたらいいなと思っています。

 

担当:事務

地鎮祭(豊中市)

こんにちは。注文住宅営業担当の植田です。私事ですが子供達が通っている学校も給食が始まりました。いつもの生活に近づいてきた実感が湧いてきますね。

先日、豊中市で地鎮祭を行いました。清々しい天気で身の引き締まる地鎮祭になりました。

ここ数年、宝塚市、箕面市、豊中市、吹田市等の北摂エリアのお仕事が増えております。北摂エリアで新築、リノベーションをご計画の方はお気軽にお問合せいただければと思います‼︎

配置確認(神戸市長田区)

こんにちは、神戸注文住宅営業担当の植田です。雨と蒸し暑さ、鬱陶しい日が続きますね。体調だけは崩さないように気をつけたいですね。

先日、神戸市長田区で着工する建物の配置確認を行いました。

初めてお会いしてから数年が経ちましたが、いよいよ着工です。安全第一で工事を進めていきます‼︎

社内検査(神戸市北区)

おはようございます。神戸注文住宅営業担当の植田です。5月後半からコロナの反動で非常に忙しく、ブログ投稿が半月程空いてしまいました。大変申し訳ございません。投稿する内容はたくさんありますので、サボらずに更新していきます‼︎

先日、神戸市北区で社内検査を行いました。

みんな真剣な表情ですね。コロナの影響で大勢での検査はできませんが、少数精鋭で時間を掛けて検査を行いました。

Vol.240 六甲山マザーツリー

テレワークで運動不足の今日この頃。体を動かしたくて6月入ってから久しぶりに山歩きに行ってきました。新型コロナで自粛していたのでほんとうに久々です。

 

 

今回は北神急行の市営地下鉄化の情報を目にしたこともあって、新長田の自宅から市営地下鉄を使って有馬方面へ行ってきました。

 

行きのがらがらの電車の車中でルートを思案していると、面白い名前の山を見つけたのでふらっと終点1つ前の有馬口駅で電車を降りて、行き当たりばったりの登山行を開始しました。

 

1時間強の山行はだらだらと続く直線的な急斜面でちょっと辟易しましたが、もうすぐ頂上というところでとても雰囲気のある巨木に出会って、今日の山歩きもすべて報われたような気持ちになりました。

 

 

こちらは9本の株立ちで、株立ち好きにはたまらないフォルムだったのですが、このすぐ近くにも7本の株立ちの老木や朽ちかけの奇木があったりして、霊感の全くない私でもこの周辺に何か神聖な雰囲気を感じてしまいました。

 

その後の道程で出会った初老の男性(この日山中で出会ったのは3人だけ!)が、その木がマザーツリーという幹廻りが6m以上ある有名な巨木であることを教えてくれました。

 

 

帰宅後にネットで調べると樹種はアカガシで、幹周で六甲山NO.2とのことでした。六甲山系の山中に巨木というのは私の行動範囲では記憶にないのですが、運良く残ったそういう木を探して歩いてみるのも面白いかもしれないと思った今回の山行でした。

 

都合5時間の山行の帰りは有馬温泉の商店街を通り抜けたのですが、私が訪れた日は開いているお店がほとんどなくて寂しかったです。これからなんとか頑張ってほしいと思います。私も次回は金泉に入りたいと思います。

 

担当:設計

ML モダンリビングに掲載

6/6(土)に発売された、ML モダンリビング7月号に、IDA HOMESが掲載されております。

 

全国の書店にて販売中です。
26・27ページに掲載しておりますので、ぜひご覧ください。
また、IDA HOMESのギャラリーにも置いておりますのでお気軽にお声がけください。

 

吹田の家

 

ML モダンリビング7月号掲載・注文住宅物件

IDAHOMES Instagram

IDAHOMES Facebook

IDAHOMES LINE
友だち追加

Vol.239 季節を楽しむ

今年は、桜を楽しむ余裕もなく春が終わろうとしています。
さまざまなイベントも中止になり、あまり外に出かけることもできず残念です。

 

弊社では毎年、花のまち神戸の推進運動の一環として神戸市が開催しています『神戸オープンガーデン』に参加しています。

 

 

期間限定で一般のお宅の庭や、お店の植栽などが公開され訪問することができるイベントで、本社ビルの壁面緑化を公開していましたが、こちらも今年は新型コロナウィルス感染防止のため中止になってしまいました。

 

また来年の開催を楽しみにしたいと思います!

 

 

花と緑のまち推進センターのブログ上で綺麗なお花の写真がネット公開されていますので、ガーデニングの参考になるかもしれません。
http://kobeopengarden.blog.jp/

 

山手幹線沿いにある岡本交差点に小さなバラ園があり、色んな種類のバラが綺麗に咲いていました。

 

 

頻繁に造園屋さんが手入れをしているので、かなり長い期間バラを楽しむことができます。

 

最近、夏のような日差しの強い日も多くなってきました。

 

外出することも少しずつ多くなってくると思いますので、季節の移ろいを感じてみてはいかがでしょうか。

 

担当:事務

Vol.238 DIYな日々その⑧~テレワークセット?~

こんにちは! 神戸注文住宅IDA HOMESの工務担当です。

新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、外出自粛が叫ばれている昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか?

緊急事態宣言はようやく解除されましたが第二波、第三波が来るかもしれないと考えるとまだまだ完全に

安心出来る状態ではないように思われます。

 

現在弊社におきましても感染拡大防止のためにテレワーク(リモートワーク)作業が導入されていて、

現場業務時と交代出社時以外は自宅でパソコンを開いての業務が続いております。

今までは自宅でそういった作業はほとんどしていなかったこともあって、事務作業できる自分のデスクも無く、

ダイニングテーブルやリビングに座卓を出して作業したり、子供達の学習机を借りたりして作業する日々を

過ごしていたのですが、我が家の奥様からは邪魔との声もあり、また子供達も現在休校中ということもあって、

家でしっかり勉強してもらわないといけないのでそうそうデスクを占領するわけにもいきません。

(もうすぐ学校は始まるみたいですが。)

 

そこで今回はデスクが無ければ作れば良いのでは?ということでテレワーク用デスクを製作することにしました。

コンセプトは ①コンパクトで軽いこと ②安価な材料 ③簡単に製作可能 ④デザインは適当?

なパソコンデスクということでまずは材料を購入。

(杉の無垢ボード24mmx500巾x3mを1枚購入。これがパイン集成材やラバーウッドやタモ集成材と比べても安く、

材料が柔らかいので加工も楽チンで手触りもいい感じ。なおかつ比重も小さいので軽くて運びやすい。

ただそれ故に傷やヘコミは入りやすいので御購入される方はご注意を)

 

 

①材料を大体の大きさにカットしてパーツごとに加工切り出します。

 

②形状は思い付きでまさに適当な感じです。(強度的なことは少し考えましたが。)

 

③一応コンセントも必要なのでデスク天板に穴も開けて。

パーツの切り出しさえが終わればあとは簡単。

接合部はボンド・ビス・金物を使用しての組み立てです。

手早く組み立て作業に移行したかったのでホゾ加工などは無しでビス頭も埋木などをして

目立たなくすることも出来るのですが、今回は木材が乾燥してやせた場合に増し締めが必要と考え、

埋木も無しで作ることにしました。

④デスク脚部分の組み立てです。

⑤天板との接合はアングル金物を使用して取付けます。

コンセント・差し込み部の配線の加工結線をして引き出しレール及び板の取り付けをします。

⑥コンセント・差し込み部の配線の加工結線

 

 

⑦引き出しレール及び板の取り付け(この板だけはパイン集成材です。家にあったもので。)

 

とりあえず形ができたので塗装前にノートパソコンと以前作ったスツールを置いてみてパチリと1枚。

 

あとはペーパー掛け後塗装してテレワークセット1丁あがり!

⑩仕上げをし、完成

 

適当に作った割にはまあまあな感じかな?と思うのですが。どうでしょうか?

デザイン等のセンスは無いのでそこは突っ込まないでください。(笑)

 

自粛・自粛で気が沈みがちな昨今ですが 出掛けなくても自宅で好きなものを自由に作ったり、

自分で家の手入れしたりするも楽しいものですよ。

特に最近はステイホームの推奨で皆さん自宅にいる時間が長くなり、お客様ご自身で住宅のメンテナンスをされる方も

増えてきて色々と質問されることも多くなってきました。

メンテナンスをすることにより、家もよい状態を長く保つことが出来、なおかつ自分ですることで、なお一層

家に対する愛着が湧くと思います。

(※ちょっとした掃除や片付け、草むしり等も住宅を良い状態に保つメンテナンスのひとつなので

気軽に考えてされてみてはいかがでしょう?)

ただ自分では明らかに無理なことや危険なこと、怪我はしないように気をつけてくださいね。

それではまた!

NEW WORKS Check it out !!

こんにちは。兵庫・神戸注文住宅IDA HOMESのHaseです。

 

各地で緊急事態宣言も解除され、徐々に街が動き出したように感じています。
IDAHOMESとしましては、6月も継続して社員のテレワーク勤務や時差出勤を行いながら、営業を進めていこうと動いております。皆さまには引き続きご迷惑をお掛けすることとなりますが、よろしくお願いいたします。

 

ホームページのニュースとしましては先日、新築・注文住宅の施工事例に新しいお住まいを追加いたしました!

 

「吹田の家」 皆さん、もうご覧になっていただけましたでしょうか?

 

「吹田の家」の施工事例ページへは、こちらの写真をクリック!

 吹田の家は、去年の秋頃にお引き渡しをさせていただいた物件となります。

 

お引き渡しの前、私が社内検査でお住まいを見たときに強く印象に残っているのは、空間への光の入り方。

 

玄関に面した階段の吹き抜け空間

 

玄関に面した階段が吹き抜けの開けた空間になっており、その開放感と共に随所に設けられた窓から、自然光が綺麗に差し込んでいたのが印象的でした。

 

 

また、ダイニングに3つ並んだボールのような丸いフォルムのクリアボールランプのリズム感が個人的にとても好きです。

 

ダイニングキッチンとリビングはスキップで空間が緩やかにつながります

 

板張り天井の木の色味とも合う、落ち着いた色合いのダイニングテーブルをあたたかく照らしている雰囲気が、写真で見ていても心地良く感じます。

 

こうして引渡し後に、テーブルやソファなど家具が入ってから改めてお住まいを見ると、実際に住まう方のインテリアや暮らしのカラーが空間にまじわり浸透することで、より住まいの空間としての魅力が増しているのを感じます。

 

 

追伸
なかなか美容院へも行くのも躊躇してしまうこの頃なので、先日思い切って髪をセルフカットしてみました。おうち時間が長くなると、自分でも想像してみなかったことにチャレンジしようと思い始めるので驚きです。YouTubeに上がっていたセルフカットの動画をいくつか参考にしながら(本当に器用な方ばかりで尊敬の眼差しです)伸びすぎてしまった襟足部分を重点的に整えました。最初にハサミを入れる瞬間はかなり緊張しましたが、思い切って切ってみると意外にも抵抗がなくなり(笑)サクサクと作業のように進み、終わって鏡で見た姿がサッパリとして気分転換にもなりました。でもやはり、プロの方にお願いしたい!という気持ちもより強くなったのが本音です。当たり前ですが、何においてもプロの方には適わないですね。

社内検査

皆様こんにちは!

営業担当の河野です!

少しずつ日も長くなり山々の木々や青空が気持ち良く感じる時期になり、そんな緑溢れる山を近くで感じれるご建築地で先日お引き渡し間近のお施主様宅の社内検査を行わせて頂きました。

 

大工サンと工事監督・担当設計士の互いに妥協許さない最終の熱い打合せを離れてじっと見守らせてもらいました・・・

お土地探しから長い時間をお施主様とお付き合いさせて頂いた営業として正しく「一棟入魂」という言葉通り熱い想いが込み上がる一時でした。

後日のお施主様内覧時