Vol.209 傾斜地に建てる

 

家を建てる敷地として考えたとき、積極的に傾斜地や崖地を探したり、選ばれる方は少ないのではないでしょうか。

 

Photo by 空に剥く家

 

どことなく「危ないかも」「土地の使い方に制約が多そう」といったマイナスイメージを持たれている方も多く、実際に建物を建てるとなると、土地の安全性確保に時間や予算が掛かったり、地盤補強や土留め・擁壁工事が必要になり工事費用が別途必要なケースも少なくありません。

 

〈苦楽園の家 完成見学会〉西宮・神戸の街並みを望む、2階のリビングに設けた大開口からの眺望

 

ここまで聞くと「なぜ、そこまでして傾斜地に建てるのか?」と疑問に思われるかもしれませんが、傾斜地には、平地にはない眺望を作り出すことの出来る土地の魅力や、高低差や段差を生かした唯一無二の空間を生む可能性を大きく秘めていることが挙げられます。

 

なぜ“傾斜地に建てる”のか。
今回はその理由を、IDA HOMESの施工事例とあわせてご紹介したいと思います。

 

敷地環境を利用した景観

 

まずは、傾斜地の持つ土地の魅力についてのお話しから。
やはり、傾斜地の環境を利用した景観は欠かせない魅力のひとつです。

 

斜面や崖地になっている土地ですので、住宅が密集している平地に比べると自然や緑が多く残っており、見晴らしや日当たりの良い場所が多い傾向にあります。

 

実際に〈緑がつながる家〉の土地は、西側の斜面に雑木林が広がり、桜や紅葉など四季折々の眺めが楽しめる丘陵地。

 

〈緑がつながる家〉西側(写真手前)の斜面には雑木林が広がっています

 

東に平らな部分のある敷地ですが「芝生の庭が欲しいけど、西側の斜面地も利用したい」とのお施主様の要望に応え、建物を斜面に寄せて配置。

 

〈緑がつながる家〉ウッドデッキでくつろぎながら、四季折々の景色を眺められます

そして斜面にせり出す形でウッドデッキを設け、大きな窓を東側と西側に配置して、芝生の庭と雑木林をリビングを通してつなげました。

 

〈緑がつながる家〉西側の斜面にせり出す形で設けた、開放感のあるウッドデッキ

 

〈緑がつながる家〉東側の芝生の庭から、建物を通じて西側へ風と視線が抜ける

 

傾斜地が可能にする眺望

 

また、周囲の建物より高い位置にLDKを配置出来ることで、視界を遮られることないパノラマも実現することが出来ます。

 

Photo by 空に剥く家

 

まるで空の上に暮らすような贅沢な居心地を暮らしに取り入れ、
陸より空に近い感覚を、家に住まいながら感じるというのは、どこか新しいライフスタイルのようにも感じます。

 

photo by 空に剥く家

 

また、斜面を生かした立体的なプランニングになるため、自然と外観のフォルムも、ダイナミックで他にはない装いに。

 

photo by 空に剥く家

 

斜面の持つ傾斜や段差が、内部空間のプランニングだけでなく、外観にも変化や影響を与えている。そんな敷地とプランの相乗効果も斜面地の持つ魅力のひとつと言えるかと思います。

 

傾斜を残すという選択

 

また、気になる費用面のお話も少し。

冒頭でもお話していましたが、土留め工事や擁壁工事などを行う際、平地よりも工事費用が高くなる場合が多くなりますが、斜面地は平地に比べて土地自体の価格が低いことが多く、同じ市町村でも平地より土地の購入費用を抑えることが出来ます。

 

また、斜面地の傾斜を造成して建築するのが一般的ですが、造成せずにそのまま傾斜を残して建築するプランにすることで、造成費を抑えることも出来ます。

 

実際に、〈空を剥く家〉では、傾斜を造成せずそのまま建てるプランを高い施工力でクリアし、個性的なフォルムを実現しています。

 

〈空に剥く家〉建築前の敷地

〈空に剥く家〉敷地の傾斜をそのまま残して建築し、個性的なフォルムを実現。

 

条例や法規に忠実な構造を、安全性と機能性を考慮して選び、元々の傾斜を無くさずに生かし建てることで、費用を抑えつつもデザイン性の高い建築を実現できます。

 

斜面地での家づくり

 

斜面地は、平地に建てる場合と比べるとより多くのタスクを考え、解決しながら家造りをすすめる必要があるのかも知れません。
しかし、それ以上に他の敷地では決して手にすることの出来ない眺望や空間を、日々の暮らしに取り入れ、日常として馴染ませることが可能になります。

 

土地の制約を超えた先に、想像もしなかった空間が生まれていく・・・

 

「斜面地に建てる」家づくり。いかがでしょうか?
今まで、斜面地での建築計画をお考えでなかった方も、是非お気軽にIDA HOMESにご相談ください。

 

【今回ご紹介した施工事例】
・緑がつながる家
・空を剥く家

 

IDAHOMES Instagram

IDAHOMES Facebook

IDAHOMES LINE
友だち追加

 

話し合う勉強会

今日の午前中は、月に1度の社内勉強会。

毎回1つのテーマを掘り下げて、自分の意見や思いを発表したり、社内のメンバーの発表を聞いて、互いに意見交換をしながら進めています。

3つのチームに分かれてのグループワークでは、様々な視点の考えが出てくるので、共感もありながら新しい発見もあります。

 

いつもの業務とは少し違った環境で、社員同士のコミュニケーションを深めながらIDA HOMESの今後を話し合い、これからに生かす場にもなっています。

 

追伸
チームの意見をまとめて発表するときは毎回緊張しますが、最初は場数を踏んで慣れていくしかないですね~。話すのが得意な方が羨ましいです。

ノートルダムのこと

一昨日の朝、仕事に行く準備をしながら片手間に見ていたニュースの映像に、思わず目を疑ってしまいました。

テレビに映っていたのは、フランス・パリのノートルダム大聖堂が火災で燃えている光景でした。

 

屋根が全体的に焼け、濃く赤い炎と黒い煙に覆われている物々しさに、バタバタと急いでいたはずの体が止まってしまい、ショックでただただその映像を見ていました。

 

その後のニュースを見ると、大聖堂の尖塔と屋根が焼け落ちてしまったそうですが、薔薇窓や風見鶏は焼けなくならずに残っていると知り、無くなってしまったのは全てではないと、どこか少しホッとした気持ちもありました。

 

 

ノートルダムは、パリに行ったときにいつも訪れていた場所でした。セーヌ川の中州であり「パリ発祥の地」とも称されるシテ島に建つノートルダム。

 

初めてパリに行ったときに感じた、シテ島にかかるドゥブル橋の近くにある書店シェイクスピア&カンパニーから見あげたときのノートルダムの存在感。
そして、歩いて近づくたびに、包みこまれるような感覚を覚える大きさと、安心感のある出で立ちに、古くからそこに建ち続けている歴史の尊さを感じたことを覚えています。

 

 

長時間かけて消火作業が行われた建物の修復・再建には、時間も費用も掛かることと思いますが、あの荘厳で美しい風格を持つノートルダムが、またパリの街に建ち戻ることを遠くから願っています。

Vol.208 食のあり方を考える

 

キッチン用洗剤って果物や野菜も洗えることを知ってますか?

 

私は、リンゴやグレープフルーツはワックスが気になり

いつもヤシノミ洗剤で洗っていていました。

 

日本は、農薬や防腐剤の使用量が

世界でもトップクラスという話を聞くと

葉物野菜や皮ごと調理する野菜も気になってしまいます。

 

もちろん、食品衛生法で農薬残留基準が定められていますので

健康が害されることはないと思いますが

少し気になったので

最近、”Shellday”という野菜・果物用の洗剤を使っています。

水洗いだけでは落ちない農薬を落としたり、

O-157などの細菌を除去する効果があるとのこと。

 

除菌や抗カビ効果もあり

洗剤を使いたくない冷蔵庫や電子レンジのお掃除にも使えます。

 

パウダータイプ

液体タイプ

スプレータイプ など

いろいろありますので用途によって使い分けてもいいかもしれません。

実際に使ってみて効果のほどは分かりませんが..

これからの食中毒予防や梅雨の季節だけでも

試しに使ってみようと思います。

 

 

担当:事務

 

 

IDAHOMES Instagram

IDAHOMES Facebook

IDAHOMES LINE
友だち追加

 

植樹日和♪

本日は午後から、IDAHOMESの恒例イベントでもある植樹活動へ。

 

六甲山を登り、担当エリアの草刈をし、苗木を植えるのが毎年2回のルーティーンになりつつあります。

これまで植えた苗木も、大きく成長していて惚れ惚れ。

 

今日は寒すぎず暑さもなく、登山するのにほどよい気候で、まさに植樹日和!

そして、最後は参加した社員みんなでお決まりの記念撮影。

つぎの植樹は、夏の太陽ですくすく下草が伸びてきているだろう秋ごろです。

 

 

追伸
山登り前に食べた、いちご大福が美味でした//

完成見学会レポート in大阪・吹田市

3/23(土)・24(日)に「完成見学会 大阪・吹田」を開催いたしました!

 

今回は、お子さまのことを一番に考えたお住まい。家の中を歩いていると、様々なところに遊び心がちりばめられているのが感じられます。

 

子ども部屋の壁紙に動物や恐竜のシルエットが描かれていたり、各ドアごとに異なるビビッドな色合いが施されていて、ポップで明るい印象に。

 

1Fには、近年流行のスポーツでもあるボルダリングや、のぼり棒・うんていまでも出来てしまう、お子さまの運動スペースも!これから迎える梅雨は雨の日も、夏の猛暑日でも、天候のコンディションを気にせず、のびのび体を動かせます。

上部の赤色がうんてい。写真だとなかなか伝わりにくいですね。

 

そんな、様々なお施主様のご希望を空間に織り交ぜたプランに「施主さんのこだわりが反映されているのが分かる」「こちらの意向をとことん汲んでくれそう」「特殊な注文にも応えてくれそう」といった声をいただきました。

 

また、角度をつけ変化を持たせたリビング空間は「吹き抜けと相まって室内のひろがりを感じる」「視線の広がり方が良い」といった声もいただきました。

 

 

「ドアの建てつけが良い」「施工が丁寧」といった、デザインやプランだけでなく実際の施工品質まで細やかにご覧いただいている声もいただき、IDAHOMESの家づくりを様々な視点で体感いただけるのが完成見学会の魅力のひとつだと改めて感じました。

 

なお、今回の見学会開催にあたり、お施主様には大変お世話になりました。スタッフ一同深くお礼申し上げます。

 

次回のイベントは4/13(土)・14(日) 土地探し相談会!
「土地探しって、どうやって始めればいいの?」「どんな土地を選べば希望の家が建てられるの?」といった質問・疑問に、設計の視点からアドバイスさせていただきます。
土地を購入してから後悔のないように、土地選びの基準を事例を交えながらご説明いたしますので、是非お気軽にご参加ください!

 

 

↓↓これまでの見学会レポートはこちら↓↓

 

IDAHOMES Instagram

IDAHOMES Facebook

IDAHOMES LINE
友だち追加

 

参加のお申込みはこちら

IDA HOMESの完成見学会

家づくりを考えている皆さまと、IDA HOMESとの出会いの場でもある完成見学会。

 

 

ホームページを見ていて「いいな」「気になるな」と思った物件があっても、
実際に見学会予約をして足を運ぶアクションを起こすのは、なかなかハードルの高いものだったりもします。

 

「見学会はどんな雰囲気なんだろう?」「どんな人が案内してくれるんだろう?」様々なことを考え想像しながらホームページをご覧いただいている皆さまに、少しでも見学会の雰囲気や様子をお伝え出来れば・・・と思い、2年前からはじめたこの見学会レポート。そんな見学会レポートも、前回の更新で15回目を迎えました。

 

モデルハウスとは違い、実際にお客様が建てられてお住まいになる建物をご覧いただくことで、大げさではない、リアルな家づくりの完成形をご覧いただけるのが、完成見学会の魅力のひとつ。

 

勝手ながら15回の節目の意味も込めて、今回はこれまでの見学会を振り返ってみたいと思います。

 

WORKS掲載の見学会レポート

施工事例としてIDAHOMESのホームページに掲載している物件の見学会レポート。
見学会の和気藹々とした様子と、施工事例を併せてご覧いただけます。

 

ひとつながりの家
明石市の家(神戸市垂水区の家・明石市の家 完成見学会レポート)

2階LDKの勾配天井や大きな窓が、開放感を誘うお住まい。
LDK奥の多目的スペースも人気で、プランに取り入れたいとの声も多くいただきました。見学会は、マイホームに取り入れたい新しいアイデアを見つける発見の場でもあります。

・見学会レポート
・施工事例

 

視界が開けた家
岡本の家Ⅱ

2階LDKから山並み・神戸の街並み・海までが一望出来る眺望が印象的なお住まい。単に天井高を高くするのではなく、空間の使い方ひとつで実際の広さ以上の開放感を感じさせる、IDAHOMESの設計力も体感いただけました。

・見学会レポート
・施工事例

 

季節が住む家
山芦屋町の家

リビングダイニングの窓から望む、木々の緑の澄んだ空気感が心地よいお住まい。見学会当日は天候のコンディションがよくなかったものの、「天気が悪いのに、家の中が明るい」といった感想もいただき、IDAHOMESの光の取り込み方を考慮したプランニングの工夫を体感いただける機会にもなりました。

・見学会レポート
・施工事例

 

眺望が魅力的な見学会レポート

IDA HOMESが事務所を構える神戸、また近隣の芦屋・西宮は、中央にほぼ東西に伸びる六甲山系が走り、その南北両側に丘陵ないし台地が展開するような地形。そのため、傾斜のある土地も少なくありません。そんな敷地条件を活かし、他にはない眺望を叶えた物件の見学会レポート。

 

神戸市垂水区

瀬戸内海が一望できるリビングの大開口から、バルコニーへの視線の広がりを活かしたプランがご好評いただいたお住まい。

 

西宮・夙川

北側の眺望を満喫出来るように考えられたプランがご好評いただいたお住まい。南側ではなく、あえて眺望の良い北側を重視して大胆な開口を設けました。

 

苦楽園の家

斜面地という土地条件を活かしたお住まい。西宮・神戸の街並みを望むリビングに大開口を設けたプランがご好評いただきました。

こちらの物件は、室内のライティングや大開口からの夜景の見え方など、日中とはまた違った家の表情を見ていただくことが出来る「夜の完成見学会」も開催しました。

 

神戸の見学会レポート

IDAHOMESが事務所を構える神戸に建つ物件の見学会レポート。

 

神戸市垂水区Ⅱ

無垢材などの素材感や、素材の質感を基調とした色づかいがご好評いただいたお住まい。

 

 

神戸・西岡本

周りの視線を遮りながらも、内部空間の開放感を感じられるプランがご好評いただいたお住まい。

 

神戸市灘区の家

角度をつけることで、印象的な外観をつくり出したリビングプランがご好評いただいたお住まい。

 

御影山手の家

SE構法を選択し、ビルトインガレージとダイナミックなLDKを実現したお住まい。

 

神戸岡本の家

1階リビングの大きな開口からの眺望、空間の開放感がご好評いただいたお住まい。

 

神戸以外の見学会レポート

 

高砂の家

玄関まで続くアプローチを深くとることで、邸宅感と落ち着きのある佇まいが印象的なお住まい。

 

 

甲陽園の家
閑静な住宅街に、存在感を放ちながら街並みに自然と馴染むように建つお住まい。

 

大阪福島の家
限られた敷地の中で、3層の縦の空間を活かした都市型3階建て住宅。

 

IDAHOMES Instagram

IDAHOMES Facebook

IDAHOMES LINE
友だち追加

 

Vol.207 IDA HOMES前のビオトープについて

 

先日、ご近所の親切な方から弊社へ心温まるお手紙をいただきました。

ギャラリー前にあるビオトープのメダカについての内容でした。

メダカが好きでいつも前を通る度にご覧いただいているとのことで、

「メダカの住処である池の浮き草が多く、メダカが見えないけど大丈夫なのでしょうか・・」

と。

 

仰る通りで、現在、浮き草はたくさん育っております。

自然の姿を目的とし、あまり手を加えないことを意図的に行っているため、

鑑賞用としては少し物足りないかもしれませんが、メダカは健在です。

↓真ん中辺りに白いメダカが泳いでいます。赤ちゃんも生まれていました(^.^)

 

そもそもビオトープとは?

ビオトープは、自然の生態系を身近に感じられる小さな空間のことを言います。

池の中で、それぞれの生き物や植物が役割を持って小さな生態系を作り上げています。

そのため、必要以上に人が手を加えると、その安定したバランスが崩れてしまうことになります。

 

 

メダカの調子が良くなかったり、植物が枯れてしまう場合には、

環境を改善するために水替えが必要ですが、年に1~2回の清掃でこの小さな生態系を守っています。

そのため、メダカの様子が少し見えにくいこともあるかもしれませんが、

そっとあたたかい目で、見守っていただければ嬉しいです。

 

IDA HOMESは、ご近所の皆様に支えられてお陰様で創業から64年が経ちました。

気にかけてくださる皆様のご期待に沿えるよう、弊社ビオトープが

街に潤いを与えるオアシスのような存在になるように、

社員一同清掃・管理を行っていきたいと改めて強く感じました(^^)

 

担当:事務

 

 

IDAHOMES Instagram

IDAHOMES Facebook

IDAHOMES LINE
友だち追加

 

2019年もオープンガーデンに参加します。

毎年、神戸の市民団体が春に開催しています 花ハート神戸オープンガーデンに、
今年もIDA HOMESはギャラリーの壁面緑化で参加させていただいております。

期間限定で一般のお宅やお店のお庭などが公開され、訪問することができるイベントで、
今年は4/12(金)から5/26(日)の間に開催されます。

公開日やお庭の住所・広さ・特徴などの詳細は、ガイドブックに掲載されており、

ホームページらダウンロードすることができますのでよろしければご覧ください。
詳しい日程等はホームページをご確認ください。

 

 

新緑が美しく、過ごしやすい季節ですので、ガイドブックを片手に神戸の街を散策してみてはいかがでしょうか?

是非、弊社の近くに来られた際には、水道管の故障により少し枯れている部分もありますが・・
壁面緑化他、池の白メダカも気持ち良さそうに泳いでいますのでそちらも一緒にお楽しみください。

 

Vol.206 DIYな日々その⑤~ちょっと便利なDIYグッズ~

こんにちは。

日増しに暖かさを感じる今日このごろですが皆様は如何お過ごしでしょうか?

今回はちょっと便利なグッズを紹介したいと思います。

点検などでOBのお客様を訪問した際にお客様より「壁などに棚やフックをつけたいのですが取り付けできる位置はどこですか?

下地のある部分はどこですか?」という質問を受けることがしばしばあります。

 

(さらに…)

Vol.205 桃の節句 ひな祭り

 

 

 

3月になり日差しも少しずつ春らしくなってきました。

これから観梅やひな祭り、そしてお花見と春のイベントが続きますね。

私には妹がいますので、子供のころ実家で雛人形を飾っていたのですが、

雛人形とは関係のない人形や飾りを置いてオリジナルにデコレーションしていた事を思い出します。

 

(さらに…)