復興の足跡

こんにちは。神戸注文住宅IDAHOMESのHaseです。

先日、熊本城が先月5日から3年半ぶりに一部が公開されたとニュースで目にしました。

 

2年前に訪れたときの熊本城

 

熊本城へは2年前に訪れ、その頃は震災から1年程経ったころでしたが、まだ震災が残した爪あとが随所に残っており、自然災害が齎す恐さをそのとき改めて感じたことを覚えています。
今回のニュースを見て、その後も少しずつ復旧作業が行われ、今回の一部公開にたどり着いたことを思うと、安堵とともに力強さを感じました。

 

昨今、地震や台風、記録的な豪雨など、これまで経験したことのないような頻度や規模で自然災害が日本各地で起こっています。
今後も予測出来ないような災害が起こる可能性は高く、出来る限りの対策や備えをして、少しでも被害を抑えられるようにしておかなければならないと、改めて強く思います。

 

今回の熊本城の公開は日時限定のようですが、地域のシンボルとなっている場所が、元の姿を取り戻していくことで、復興へとより前進していくことを、ここ神戸の地から願っています。