あったらいいなフリースペース #社内検査

こんにちは。神戸注文住宅IDA HOMESのHaseです。

 

友人と忘年会の予定を調整したり、両親へのお歳暮に何を贈ろうかとカタログを見たり、コツコツとつけている家計簿のページが残り少ないことに気付いて来年用を本屋さんへ買いにいったりしているうちに、いつの間にか12月がやってきたような気分です。年々、1年を短く感じる感覚が強まっている気がしてなりません。このままだと、数年後には1年がとんでもないスピードで終わっていく気しかしていません。こ・・・こわい(笑)

 

そんな12月がはじまったばかりの昨日、神戸市須磨区の物件での社内検査へ行ってきました。

 

 

こちらの物件は、今週末の12/7(土)・8(日)に完成見学会を開催する物件となります。 ⇒⇒  完成見学会の情報はこちら 

 

個人的に、完成見学会に向けてのDMをイメージパースの画像で作成していたこともあり「パースでは想像しているけれど、実際はどんな空間になっているのだろう」という思いを持ちつつの社内検査となりました。

 

東側壁(写真奥)のみ淡いグレートーンの壁紙を使うことで、空間のアクセントに。

 

家族の暮らしの中心となるLDKに吹き抜けをつくり、吹き抜けを通じてLDKのある1階と2階とがつながることで、別の階に居る家族の気配や空気を感じられます。

 

木材の質感や色合いが、空間をあたたかく彩ります。

 

実際に家の中を歩いてみて感じたのが、2階にあるフリースペースの”ちょうどよさ”

 

吹き抜け部分の天井にはシーリングファンを配置し、ゆるやかに風の流れをつくります。

 

約5.8㎡ほどの広さのフリースペースは広すぎず狭すぎず、ちょうどよい広さ。吹き抜けに沿って大きく窓を取っているので目線が自然と外へと広がり、窓から自然光もたっぷり取り込めるので明るく開けた印象。

 

このフリースペースへはピアノ置かれるとのことですが、お子さんの奏でたピアノの音色が吹き抜けを通って、1階のリビングでくつろいだりキッチンで料理する家族へと届いていくのがイメージできます。音楽を奏でる暮らし、素敵です。

 

家族が目に見える場所にいなくても、そこに居る空気を感じられるような空間をつくることも、住まいの居心地のよさにつながるのではないかと私は思います。

 

2階の階段から、フリースペース・1階を望む

 

どこかロフトのようでもあり、用途を限定しないフリースペースという響きも「何を置こう」「何をしよう」と自由な発想がひろがりそうです。

 

キッチンの右奥に並ぶ、造作の収納可動棚。

1階キッチン背面には、扉付きの造作可動棚を配置。幅も高さもしっかりと確保しているので、収納力もバツグン。また扉を閉じてしまえば中のものが見えないので、生活感を隠すことが出来、すっきりとした印象になります。

 

それぞれ住まいにジャストサイズの機能的な収納を確保しながら、木材の質感を活かしたデザイン性のある造作棚をご提案出来るのもIDA HOMESが手がける注文住宅のこだわりのひとつとなっています。

 

 

板張り天井がつくり出す、直線の揃ったラインが美しく、すっきりとしたキッチン。造作棚を間接照明があたたかく照らします。

 

社内検査は、営業・設計・工務のスタッフが集まることで さまざまな視点が交錯し、住まいづくりにおいての意見交換を行う場でもあります。

 

これからのお施主様の暮らしをイメージしながら思いを馳せた社内検査となりました。

 

追伸:階段手摺の、アイアンと木材が組み合わさったデザインが個人的にタイプでした。

木材とアイアンを使用した階段手摺は、いつもお世話になっている金物屋さんと家具屋さんのコラボレーションで実現。

 

こちらの神戸市須磨区・完成見学会【12/7(土)・8(日)】は、現在予約受付中です。
お気軽にお問い合わせください!

神戸市須磨区・完成見学会の詳しい内容はこちら

↓↓↓見学会のお申し込みはこちらから↓↓↓