Vol.238 DIYな日々その⑧~テレワークセット?~

こんにちは! 神戸注文住宅IDA HOMESの工務担当です。

新型コロナウイルスの感染拡大防止の為、外出自粛が叫ばれている昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか?

緊急事態宣言はようやく解除されましたが第二波、第三波が来るかもしれないと考えるとまだまだ完全に

安心出来る状態ではないように思われます。

 

現在弊社におきましても感染拡大防止のためにテレワーク(リモートワーク)作業が導入されていて、

現場業務時と交代出社時以外は自宅でパソコンを開いての業務が続いております。

今までは自宅でそういった作業はほとんどしていなかったこともあって、事務作業できる自分のデスクも無く、

ダイニングテーブルやリビングに座卓を出して作業したり、子供達の学習机を借りたりして作業する日々を

過ごしていたのですが、我が家の奥様からは邪魔との声もあり、また子供達も現在休校中ということもあって、

家でしっかり勉強してもらわないといけないのでそうそうデスクを占領するわけにもいきません。

(もうすぐ学校は始まるみたいですが。)

 

そこで今回はデスクが無ければ作れば良いのでは?ということでテレワーク用デスクを製作することにしました。

コンセプトは ①コンパクトで軽いこと ②安価な材料 ③簡単に製作可能 ④デザインは適当?

なパソコンデスクということでまずは材料を購入。

(杉の無垢ボード24mmx500巾x3mを1枚購入。これがパイン集成材やラバーウッドやタモ集成材と比べても安く、

材料が柔らかいので加工も楽チンで手触りもいい感じ。なおかつ比重も小さいので軽くて運びやすい。

ただそれ故に傷やヘコミは入りやすいので御購入される方はご注意を)

 

 

①材料を大体の大きさにカットしてパーツごとに加工切り出します。

 

②形状は思い付きでまさに適当な感じです。(強度的なことは少し考えましたが。)

 

③一応コンセントも必要なのでデスク天板に穴も開けて。

パーツの切り出しさえが終わればあとは簡単。

接合部はボンド・ビス・金物を使用しての組み立てです。

手早く組み立て作業に移行したかったのでホゾ加工などは無しでビス頭も埋木などをして

目立たなくすることも出来るのですが、今回は木材が乾燥してやせた場合に増し締めが必要と考え、

埋木も無しで作ることにしました。

④デスク脚部分の組み立てです。

⑤天板との接合はアングル金物を使用して取付けます。

コンセント・差し込み部の配線の加工結線をして引き出しレール及び板の取り付けをします。

⑥コンセント・差し込み部の配線の加工結線

 

 

⑦引き出しレール及び板の取り付け(この板だけはパイン集成材です。家にあったもので。)

 

とりあえず形ができたので塗装前にノートパソコンと以前作ったスツールを置いてみてパチリと1枚。

 

あとはペーパー掛け後塗装してテレワークセット1丁あがり!

⑩仕上げをし、完成

 

適当に作った割にはまあまあな感じかな?と思うのですが。どうでしょうか?

デザイン等のセンスは無いのでそこは突っ込まないでください。(笑)

 

自粛・自粛で気が沈みがちな昨今ですが 出掛けなくても自宅で好きなものを自由に作ったり、

自分で家の手入れしたりするも楽しいものですよ。

特に最近はステイホームの推奨で皆さん自宅にいる時間が長くなり、お客様ご自身で住宅のメンテナンスをされる方も

増えてきて色々と質問されることも多くなってきました。

メンテナンスをすることにより、家もよい状態を長く保つことが出来、なおかつ自分ですることで、なお一層

家に対する愛着が湧くと思います。

(※ちょっとした掃除や片付け、草むしり等も住宅を良い状態に保つメンテナンスのひとつなので

気軽に考えてされてみてはいかがでしょう?)

ただ自分では明らかに無理なことや危険なこと、怪我はしないように気をつけてくださいね。

それではまた!