Vol.245 昆虫に会いに

こんにちは。兵庫・神戸注文住宅 IDA HOMES の Haseです。

 

今夏は例年以上に厳しい暑さが続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?週間天気予報の最高気温にずらっと並ぶ、34・37・35・34…という数値を見ているだけで、ついクラッとなりそうな気分です。

 

今年は新型コロナウイルスの影響もあり、マスクを着用しながら熱中症にも気をつけなければならないなど、家族や自分の体調管理を含め、様々なことに気遣いながら過ごしているように思います。

 

水分補給はもちろんですが、携帯扇風機や冷感スプレーなど手軽に体を適度に冷やせるグッズなどを活用しながら、この夏を乗り切っていきたいですね。

 

ところで先日、伊丹市昆虫館へ行ってきました。

 

 

前回の暮らしプラスでカブトムシの話をしながら昆虫が恋しくなったこともあり(笑)、自転車での運動も兼ねて散策しにいくことにしました。

 

 

昆虫館では、館内への滞在時間を制限しての混雑緩和やマスクの着用など、感染症対策を実施しながら営業されており、私達も密にならないことなどを意識しながら見学させていただきました。

 

 

館内では沢山のチョウが放され飛び回っている様子が見られる、チョウ温室が特に素敵でした。

 

標本展示で見ていた様々な種類のチョウが、実際に自分たちの周りを華麗に飛んでいる姿を間近で見ることができ「わ!ここに!」「そこにもいる!」と、温室内にいる子供たちに混じって、童心に帰ったような気持ちに(笑)

 

 

チョウの色彩やデザインを見ていると、様々なテキスタイルデザインなどにもきっと影響を与えているんだろうなと個人的に思ったりもしました。自然が作り出した色彩や模様の不可思議さには、惹きつけられる魅力があります。

 

3月頃からめっきり外出することが無くなっていたので、すっかり出番の無かった一眼カメラも、この日ばかりは大活躍で、カメラのメモリーはチョウの接写写真で溢れています(笑)

 

 

また、昆虫館の展望スペースから見下ろす昆陽池公園の緑が涼しげで「久しぶりにこんなに緑を見た気がするな…」と、何かが浄化されるような気持ちでした。やっぱり、気温が高いなかでも緑に囲まれていると、どこかスッと体感温度が下がったような感覚がします。

 

ふと、去年の今頃は何をしていたんだろう・・・とカメラのメモリーを辿ると、神戸どうぶつ王国へ行ったときの写真が出てきました。


去年も猛暑真っ只中で、動物たちも少しぐったりしていたような。。一斉に同じ方向に泳ぎだすペンギン達の写真が、我ながら可愛く撮れていたので最後に載せておきます。

あのペンギン達が今年も元気に過ごしていますように…!