Vol.246 建築を巡る旅 inヨーロッパ その2

こんにちは!兵庫・神戸注文住宅IDAHOMESの設計担当です。

 

急に寒くなってきましたね。
私はとても寒がりなので、毎年この時期からは寒さとの戦いが始まります・・・。皆さんも体調管理に気をつけてください。

 

私は2年前に友人とヨーロッパ3ヶ国の建築を訪れ、前回のブログでは、ル・コルビュジエの「ユニテ・ダビタシオン」を紹介しました。

 

今回ご紹介するのは、オランダ・ユトレヒトにある「シュレーダー邸」。

 

 

シュレーダー夫人と子どもたちのために1924年に建てられた住宅です。
水平線、垂直線、直角、三原色、非装飾性、単純性などを追求した「デ・ステイル」で有名なリートフェルトが設計しました。

 

オランダのユトレヒトは、首都アムステルダムからは鉄道でおよそ30分。ユトレヒトはミッフィーの作者、ディック・ブルーナの故郷です。

 

ユトレヒト駅広場のアーケード

 

私はとってもミッフィーが大好きなんです!
ミッフィーの街並みがどうしても見たいのもあり、計画していました。

 

世界でここだけの信号機だそうです。かわいい!

 

信号機がミッフィーになっています。テンションMAXです!

 

お目当てのシュレーダー邸は、調べると見学には予約が必要と知り早速予約しました。人数制限があり、普段はなかなか予約が取れないそう・・・ラッキーでした!

 

シュレーダー邸の隣が受付

 

周辺の住宅は全てオランダらしいレンガ造りの建物でした。

 

その中のシュレーダー邸は、1924年当時はとても前衛的で注目の的だったのではないでしょうか。

 

レッドアンドブルーチェア

ジグザグチェア

 

有名なレッドアンドブルーチェア、ジグザグチェアもありました。

 

私が通っていた大学にはジグザグチェアがあり、授業でスケッチしたことを思い出しました。椅子だけを見るのと、生活空間の中にあるのとでは家具の印象も違い、建物との関係性に椅子の深みが増すなと感じました。

 

リートフェルトは単純、明晰なデザイン、開放的な空間表現を達成する実験を繰り返していたといいます。とても小さな住宅ですが、このシュレーダー邸ではそれが徹底的に表現されていると感じました。

 

例えば、可動式間仕切りによって空間を開放的にする工夫です。

 

 

日本ではおなじみの「襖」みたいですね。

また、壁が無くても床の色から視覚によって空間の区切りがされているように思いました。

 

特に私が好きだったのは2Fリビングの窓です。

 

 

開け放つと、コーナーがなくなります。

 

窓を開けた時、壁を越えて、内と外の区別がなくなる。私はこの時に「うわあ・・・」と思わず声が出て感動したことをまだ覚えています。

 

常に新しい形態、材料、構造の可能性を実験し続けたというリートフェルトの熱い思いを感じ、挑戦を止めない人だったのだろうなとシュレーダー邸を見て思いました。

 

90年以上前に建てられた住宅が現代でも新鮮さを感じ、何年たっても愛される、感動を与えられる空間。
そんな住宅づくりを伊田工務店の一員として目指していきたいです。

 

担当:設計