ヤマザクラ植樹活動

こんにちは。兵庫・神戸注文住宅 IDA HOMES の Hase です。
前回の投稿がクリスマスだったので、約3ヶ月ぶりの投稿になってしまいました(T_T)

 

すっかり遅くなってしまいましたが、改めまして…あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。

 

早速ですが、今回のブログの本題へ!
3月9日(火)に2021年最初の植樹活動を行ってきました。

 

※写真撮影時のみマスクを外しました

 

六甲山での植樹活動は、様々な地元企業による六甲山系グリーンベルト整備事業の一環で、IDA HOMESも毎年、春と秋の2回活動を行っています。

 

そして今回の活動は、活動地の登山道沿いに200本のヤマザクラを育てようという「岡本(ほくら~とやや)桜回廊づくりプロジェクト」で、当初 IDA HOMESを含めた4団体での合同活動の予定でしたが、コロナ禍の影響もあり、それぞれ個別の活動として実施することとなりました。

 

今回のメンバーは、Takagi・Inoue・Sakano・Oka・Tokoro・Haseの6名!担当エリアまで、早速登山開始です。

 

 

植樹に使用する竹杭やシャベル、苗木を持ったり担ぎながらの登山。登る時に手持ちであれこれ運ばなければいけない試練があるのも、植樹あるあるですかね(笑)

 

 

登山道の途中で、綺麗な椿も咲いていました。

 

休憩スポットで、Takagiさんが撮影してくだったセルフィー。

※写真撮影時のみマスクを外しました

 

 

担当エリアに到着しました!

下草が成長していましたが、今回はメンバーが少ないこともあり、植樹作業をメインに作業を行いました。次回の植樹では、下草の刈り取りを行ってエリアの整備をしていきたいと思います。

 

 

苗木を植える場所を決めたら、しっかり穴を掘り、竹杭で添え木をしていきます。

 

 

優しく土をかぶせて、添え木と苗木を紐で固定して完成です!

 

 

そして、今回の活動の札も設置しました。

 

登山道ですれ違う方々に「ヤマザクラ楽しみにしてますね~」といったお声も沢山いただきました。植樹の毎回の活動は、コツコツと地道なものではありますが、続けていくことで、いつか綺麗な桜の登山道が出来ること、またその道を多くの方が笑顔で歩いていく姿を想像しながら、今後も取り組んでいきたいと思います。