Vol.253 心地良く永く暮らすために

こんにちは。最高気温が30度を超える日も出てきて、夏に向かって季節の変わり目を感じながら6月も終わりを迎えようとしています。

 

夏の暑さもあってか、家のなかで靴下やスリッパを履いていると熱がこもってしまうように感じ、最近はほとんど素足で過ごしています。

 

無垢フローリングの上を素足で歩くと木の肌触りが心地良く、触れたときの温度感も体温に馴染んでくれているような感覚があります。

 

わが家は引越しをしてから初めての夏を迎えますが「夏は青色のひんやりシートが無いと眠れない…」とぼやいている暑がりの家族が、フローリングに寝転んで心地良さそうにうたた寝しているのを見て「無垢にして良かったな~」と感じています。無垢材は定期的なメンテナンスが必要ですが、自分達で手入れしていくことで、より住まいに愛着を持てるようにも思います。

 

IDA HOMESで働いていて感じるのは、住まいに関するプロが何人も社内にいるので「これって自分で直せる?」「どうやって直したらいい?」など疑問や質問を気軽に聞いてみることが出来るということ。事務の私としては、家のことについてまだまだ分からないことも沢山ありますので、身近に住まいのアドバイザーとなってくれるスタッフがいることは心強くもあります。クロスやフローリングの補修方法など、ちょっとしたことでも、原因や直す方法が分かって自分でメンテナンスが出来ると嬉しいものです。

 

自分達で難しいところはプロの力を借りながら、永く心地良く暮らせるように住まいの調子を整えながら過ごしていきたいです。

 

IDA HOMESでは、お引渡し後の住まいのお困りごとや、プロでないと難しい部分の清掃などに対応するライフサポート制度を充実させ、住まう方々のよきパートナーとして皆さまの暮らしをより良いものにしていきたいと考えていますので、お気軽にご相談いただければと思います。

 

担当:事務