【NEW EVENT】神戸市東灘区・完成見学会開催いたします

11月6日(土)・7日(日)に神戸市東灘区で開催いたします完成見学会情報をEVENTにてアップしました。

 

物件紹介:神戸市東灘区

 

― 都市に住まいながら緑と織りなす暮らし

「緑に囲まれた、気持ちの良いカフェにいるような暮らし」をご希望されていたお施主様。

 

天井に剥きだしになった躯体から、木の素材感を感じられる。

 

敷地は変形地でありながらも、建物の配置などを工夫することで3方向に庭を設け、都市でありながら山のなかに住んでいるような、自然を身近に感じられるプランを実現しました。近隣も庭に緑の多い立地環境ということもあり、借景としてバランスよく取り込んでいます。

 

また、人通りの多い道に面した庭には植栽と塀を配置し、外との繋がりは持たせつつも視線を緑で緩やかに遮り、プライバシーを確保しています。

 

 

― 歩くたびに風情のある庭を楽しむ

3つの庭の様々な表情を楽しめる窓を、家の各所に配置。家事をしながら、家のなかを歩くたびに庭の緑が目に映り、外とのつながりを感じられます。

 

1階の窓枠はオークの無垢材で造作し、木のフレームから映し出される木々の緑を楽しむことが出来ます。また、窓を多く設けたことで、室内全体に自然光を取り込みながら心地よい風が通り抜けます。

 

水まわりの余白に窓を設けることで、不意に目に入る緑が心地良い

 

2階南側のバルコニーに面して、セカンドリビングとしての役割を持つ縁側を配置。家のなかで一番良い日当たりの縁側で、作り付けのベンチに腰掛けて本を読んだり、窓から見える庭を眺めたりしながら、ゆったりと寛ぐことができます。

 

吹抜けに面して設けた窓から光を取り込む明るいLDK。階段を上り下りながら、窓の外の緑を眺められる。

 

― 吹抜けに面したスタディースペース

2階に設けたスタディースペースは、1階LDKと吹抜けを通して繋がることで、自宅で仕事をしながらも、程よい距離感を保ちつつ家族の気配を感じられます。

 

また、1階リビングとつながるゲストルームは、扉を開放することで、大きなワンルームのように広々と空間を使うことができます。SE構法を採用することで、大きくスパンを飛ばした大空間を可能にしながら、耐震性の高い空間を実現しました。

 

堀込ダイニングはキッチンカウンターに隣接し、普段使いのくつろげる食卓に。

 

-完成見学会:神戸市東灘区のページはこちら-

-参加のお申し込みはこちら-