Vol.045 インテリアグリーンを育てる

 

インテリアグリーン

梅雨の季節がやってきました。
蒸し暑くてジメジメ・・嫌な季節ですが、植物がイキイキとする季節なので、観葉植物のお手入れにはピッタリです。

 

インテリアグリーン

弊社ギャラリーの壁面緑化も青々と緑の葉っぱが茂ってきました。
梅雨の時期は成長が早いので、そろそろお手入れをしなくては…

お部屋に観葉植物を置いたり、ガーデニングや野菜を育てたり、インテリアに“緑”を取り入れている方も多いかと思います。
植物の種類によっては、どんどん丈が伸びて成長を実感できるものや、春に新芽が出るなどして季節感を感じることもできます。

植物は、キッチンや洗面台、玄関など無機質になりがちな場所にプラスするだけで印象が変わりますし、
どんなインテリアとも相性抜群でインテリアの邪魔をせず全体をいい感じにまとめてくれます。

植物がもたらす効果はインテリアとしてだけでなく、自然の空気清浄機のような働きをしていて、
ホルムアルデヒドなどシックハウス症候群の原因物質や細菌を吸収・分解して
空気をきれいに保つ効果があるといわれています。
また、マイナスイオンによるリラックス効果や、加湿の作用もあり、ある程度の湿度調整もしてくれますので、
夏の冷房によるお肌の乾燥からも予防できます。
これらの効果は、ごく微量で目に見えるものではないので、森林浴ほどの効果はないかもしれませんが、
目の保養としては充分効果的ですよね。

大きく育ってくれているという実感も、毎日のちょっとした楽しみにもなります。

ギャラリーの鉢植えで、こっそり育てているミントもグングン大きくなってきました!笑
インテリアグリーン

最近のお花屋さんはオシャレなところが多く、見たことのないような植物を置いている所もあったり、
アレンジの仕方やディスプレイなどを見ているだけでも楽しいです。
土を使わないハイドロカルチャーや土も水も不要なエアプランツなど、観葉植物だけでも様々な種類がありますので、
お好みの植物を見つけて、お部屋のインテリアとして楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

記事担当:事務