苦楽園の家 完成見学会レポート

7月21日(土)・22日(日)に「苦楽園の家 完成見学会」を開催いたしました!
連日35度を超えるような記録的な猛暑が続くなか、たくさんのお客様にご来場いただきました。

 

斜面地という土地条件を活用した、今回のお住まい。
ご見学いただくなかで一番好評いただいたのも、やはり急斜面地という敷地を生かした

 

“眺望を満喫出来るプラン”

 

そんなプランのメインともなるのが、西宮・神戸の街並みを望む2階のリビングに設けた大開口からの景色。

 

空の青・山の緑と街が交わる、景色を望むリビングの大開口

 

コーナーに大きく開口を設けたことで、景色がリビングに溶け込むとともに、実際の広さ以上に開放感のある空間に。

 

敷地を深く読み解くことで、土地の持つポテンシャルを最大限に引き出します

 

また、少し俯瞰で見下ろしているような街との距離感が、都会の喧騒から離れた、くつろげる空間作りをアシストしているようにも思えます。


そんなリビングへは「開放的な眺めが気持ちいい」「インパクトがある」「景色がとても素敵」など、たくさんの声をいただきました。

 

眺望の良さが生かされているのはリビングだけでなく、例えばバスルームにおいても通常よりも大きく開口部が設けられています。「お風呂に入りながらも景色を眺められそう・・・」そんなリラックスしたゆとりある生活を想像させられるのも、敷地を生かしたプランだからこそ実現出来た空間演出のひとつ。

 

開放感のあるバスルーム

 

また、IDAHOMESの完成見学会に何度かご参加いただいているお客様からは「今まで見学してきたお宅とは少し違ったテイストで新鮮」「白いタイルがとても映えている」といった声もいただきました。

 

IDAHOMESの施工事例に掲載している物件において度々、黒を基調としたタイルを壁面に使用していますが、今回のお住まいでは、白を基調としたタイルを外壁・リビングの内装に配置。

 

施工事例「大きな壁が豊かにする家」リビングの壁面タイルが目を引きます。

 

こちらは「苦楽園の家」リビングダイニングのイメージパース。

壁面の白いタイルが印象的。

 

白いタイルが爽やかに映える外観

 

どこにどの色合いを配置するのかによって、空間の雰囲気や印象もまた違ったものになっていきます。
思い描かれるお住まいのイメージに合わせて、設計士と共にひとつひとつ素材から悩み選んでいく過程も、IDAHOMESでの家づくりの醍醐味のひとつ。

 

その他にも「収納が各部屋ごとでなく、ウォークインクローゼット・ファミリークローゼット・納戸といった別部屋として設けられていて斬新」「こんな造作キッチンに憧れる」「地下がRCになっているけれど、圧迫感をあまり感じないのが良い」といった声もいただきました。

 

リビング以外の部屋の開口部からも景色を眺められ、思わず見入ってしまします。

 

先日、Instagramにもアップしましたが、苦楽園の家の施工中にできていたツバメの巣。

 

工事中、いつの間にかガレージの上にツバメの巣が出来ていました。

家づくりと共に、ツバメのヒナもすくすく育っていました。

 

風通しが良く、気温がいい過ごしやすいお家をツバメが巣作りに選んでいることから「ツバメの巣があると縁起がいい」と古くから言われています。


お住まいの完成とともに、ヒナもすくすくと育ち旅立つ日も近そうですが、見学会中はお腹を空かしたヒナと、せっせとエサを運ぶ親ツバメのほほえましい姿がまだ見られました。

 

こちらの苦楽園の家は引き続き、今週末7月28日(土)・29日(日)の2日間 完成見学会を行います!

前回ご来場のタイミングを逃してしまった方も、初めて興味を持ってくださった方も、IDAHOMESの家づくりの完成形を実際にご覧いただける機会となっておりますので、お気軽にお問い合わせください。
ご予約お待ちしております。

 

↓詳細はこちらをクリック↓

 

なお、今回の見学会開催にあたり、お施主様には大変お世話になりました。スタッフ一同深くお礼申し上げます。今週末もよろしくお願いいたします。

 

〔過去の見学会レポート〕

*高砂の家
*甲陽園の家  
*岡本の家Ⅱ 
*御影山手の家 
*神戸岡本の家
*大阪福島の家
*神戸市灘区の家

*神戸市垂水区の家・明石市の家

 

IDAHOMES Instagram

IDAHOMES Facebook

IDAHOMES LINE
友だち追加