室内窓に見惚れる at 社内検査

先週の金曜日に、西宮のお引渡し間近のお住まいで社内検査を行いました!

ちなみに、こちらの物件は、先週末の土日で完成見学会を行ったお住まいでもあります。
※そちらの模様はまた、見学会レポートでお伝え出来ればと思っております。

 

 

社内検査は午前中に行いましたが、窓から入ってくるの日の光りが木材の色をよりあたたかく照らし、穏やかな雰囲気に包まれていました。

 

私は事務なので、なかなか工事中のお住まいを見る機会がないこともあり、社内検査が写真ではなく実際の建物を見るほぼ唯一のチャンス!

検査が終わってから建物を改めて見てまわり、個人的に「いいな」と思ったところを写真におさめてみました。

 

今回は、2階寝室の室内窓。

家のなかに、家のなかを見ることのできる窓があるって、なんだか不思議な感覚で素敵ですよね。

 

室内窓を開けると、窓の向こうにも窓があって、そこから日の光りが差し込み、また下を覗き込むと、吹き抜け空間を通じて、1階のリビングダイニングが見渡せる開放感。

 

この窓越しに、リビングにいる誰かと「おはよう」から「おやすみ」の会話をする。その不思議な距離の会話が、この家のちょっとした暮らしのリズムになりそうだな~と思ったりもして。

 

そんな想像(?)、いや妄想(?!)を掻き立てられる、室内窓に魅せられたきょうこのごろです。笑