Vol.212 ひらきながら、とじる住まい

『 日光をたくさん採り込めるように、窓を大きく取りたい! 』
『 開放感のあるリビングにしたい! 』

 

『 でも、隣家の視線が気になって窓を開けにくいかも・・・』
『 カーテンを締めきって生活するのはもったいないし・・・』

 

家づくりを考える中で、そんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。人通りや車通りの多い道沿いの敷地や住宅密集地になると、特に気になるポイントにもなるかと思います。

 

プライバシーと開放感

 

一見、対照的にも思えますが、意外にも密接したつながりを持っています。

 

今回は、プライバシーを確保しながらも開放感を併せ持たせる。そんなバランスの取れた空間づくりのアイデアを、IDA HOMESの施工事例と合わせてご紹介します。

中庭のあるプラン

一般的に、コの字やロの字型の建物に囲われるように作られる中庭。
中庭は、家の外部ではあるものの、家の内部空間のような役割も果たします。

 

1階部分を地中に埋めた斬新なプランが印象的な〈空を囲む家〉では、中庭を囲むようにしてコの字型に建物を配置。

 

中庭に面した開口部を大きく設けることで、中庭に入りこんだ日光をそのまま室内へ取りこみます。

外から見ると1階部分が閉ざされているような印象も受けますが、中庭があることで隣家からの視線を気にすることなく、大胆に開口を設けることができます。

そこから取り込む光によって満遍なく明るい、空へと高く広く開けた空間となっています。

 

適度に開きながら適度に閉じる。

中庭というプライベートな外部空間をひとつ設けることで、住まいの外と中を繋ぐ、ちょうどいいバランスがうまれます。

 

2階にLDKを配置するプラン

車通りの多い幹線の北側に位置した〈大きな壁が豊かにする家〉では、2階LDKからつながるテラスに面して大きな壁を立てることで、周りからの視線を遮りながらも、開放感のあるプランに。

2階リビングを囲むようにテラスをL字型に配置。テラスをもうひとつのリビングのように捉え、面積を広くとることで、高い壁が立ちながらも圧迫感のない、明るく開放的な印象に。

 

テラスに置いたチェアーやハンモックに座って、季節ごとに移ろうテラスの緑化を眺めながら、ゆったりと寛ぐことが出来ます。

 

 

またテラスに面して立てた大きな壁は、幹線を走る車の音など街の環境音を和らげる効果もあり、静かで落ち着いた空間を演出。

視線を遮る壁としての機能だけでなく、音・光・風などを心地よくコントロールする役割も果たしています。

 

敷地の持つウィークポイントをそのままに捉えてしまわず、その敷地だからこそ出来る最適で最良な空間へと発想を転換していくアイデア。

 

適度に開くポイントを見極めることで開放感を。
適度に閉じてプライバシーを保つことで安心感を。

 

そのちょうどいい按配を見つけながら、住まいづくりを考えてみませんか?

 

 

今回ご紹介したIDA HOMESのお住まい

・空を囲む家

 

 

 

 

 

 

 

 

・大きな壁が豊かにする家