Vol.213 松下幸之助歴史館で学ぶ

突然ですが、パナソニックは、今年創業101年だそうです。

先日、5月初旬にリニューアルされた松下幸之助歴史館を訪れました。

松下幸之助が創立したパナソニックは中国でも凄く有名です。ちょうど先月父が中国から日本へ来ていたので、

日本人が長年尊敬していた「経営の神様」と言われた松下幸之助氏の生涯経歴から一緒に何か勉強しようということになりました。

 

 

松下氏は、社員だけでなく世の中の全ての人が幸せになるという責任感を持って、沢山の困難時期を乗り越え、松下電器を世界的企業に成長させました。

歴史館内には、松下氏個人の「道」と会社の経営理念「綱領と信条」が展示されており、日本だけでなく、

どの国どの企業に対しても参考になり、大変価値がある内容だと感じました。

展示資料の松下氏の通帳

 

展示資料の松下氏の通帳を見ると、昔の日本の生活費は一ヶ月たった数円で、現在の何十万円からの生活と比べたら、

外人の私には全く想像できないレベルです。

起業する時、最初の製品はこの自転車に付いているランプだそうです。

当時から比べると現在では企業も拡大し、数えきれないくらいの製品が発表されています。

私たちの暮らしになくてはならない製品ばかりです。

日本屈指の素晴らしい企業だと思います。私に撮っては想像できないレベルです。

 

 

最後に・・パナソニックの昔から今に至る製品の変遷をみることが出来ます。

ご興味があれば是非一度行ってみてはいかがでしょうか。

 

担当:設計