vol.217 徳島県 剣山にハイキング

7月末に、徳島県の剣山に家族でハイキングに行ってきました。

剣山は石鎚山に次いで四国で2番目に高い山です。
山頂は1955mですが、山頂近くまで登山リフトがあり、本格的な登山者だけでなく老若男女が頂上まで簡単に登ることのできる素人にも敷居の低い山となっています。

今回は、天の川がきれいに見られるらしい評判の撮影スポットで夜に星空観賞もする計画です。
神戸を出発してとりあえずの目的地である登山リフトの見の越駅に着いたのは午前9時30分、自宅から車で4時間の道のりでした。

うち1時間半は山中の峠道でしたのでかなりの僻地感があります。今回は子連れ登山となりますので、6歳の長女の脚力を考慮して登山口から出ている登山リフトで途中まで上がることにしました。標高1420mの見の越駅から1750mの西島駅まで所要時間15分ほどで一気に上がることが出来ます。
リフトは帰りも使いましたが、行きはひとりで乗るのを怖がりだっこして一緒に乗った長女も、帰りは志願してひとりで乗りました。
とても楽しかったみたいです。

リフトを下りてからは、主に石段の登り道をしばらく歩き11時過ぎには標高1955mの頂上に着きました。頂上附近は植物保護のために木道となっております。

剣山頂上にて

平日ということもあって、道中出会うかたの大半は60歳以上で、子供連れは私たち以外は1組だけでした。
自生植物の鑑賞目的と、登山目的のかたが半々といったところでした。

次郎笈に向かう

頂上で早めの昼食をとってから、兄弟峰である次郎笈(じろうぎゅう)まで、稜線を歩いていきました。
なかなか幼子連れのハイキングでこんな立派な稜線を歩く機会はないので、とても楽しい良い経験ができました。

 

帰り道は行きと違うルートを通って、リフトの駅まで下りましたが、苔の生えた石灰岩の岩肌や、朽ちた古木や、美しい樹形の木々に癒されました。
普段見られない幻想的な景色が見られるのは僻地の高山ならではかもしれません。

リフトで下りて駐車場に戻ったのが15時30分ごろで、都合5~6時間の行程でしたが、子供たちは特別疲れることもなく大喜びでテンションが上がってました。

夜まで時間があったので、8㎞程離れたところにある奥祖谷二重かずら橋まで行ってみました。

なんとなく行くことは絶対にない僻地にありますので、剣山とセットでの訪問をぜひおすすめします。
西祖谷山村にもかずら橋がありますので、こちらにあえて行かれるかたは少ないと思います...

かずら橋は足元が透けすけでスリル満点でした。

当たり前ですが、橋はワイヤーで補強されていて大昔の通りではなかったです。

 

野猿 綱を引いて移動

野猿というロープを引いて移動するアトラクションもあり、子供たちは大喜びでした。河原に下りることができましたので下りて川遊びをしました。

 

その後は残念ながら雨が降ってきて、星空観賞は断念しました。自然相手ですのでタイミングが難しいですね。
前日確認して晴れだった天気予報もいつのまにか夕方から雨予報となっていました。登山中に雨に見舞われずにラッキーだったと思わないといけません。

神戸の自宅に着いたのは夜の10時前で、結構な強行軍となりました。長時間の移動となりましたが、しっかり体を動かしましたので、心地よい疲れと満足を味わえた一日となりました。

 

担当:設計