vol.218 家族で安藤忠雄建築を見学

暑さも彼岸までと申しますが、夏休みの旅行の思い出の余韻と同様に

未だ蒸暑い夏の日が続く今日この頃、皆様いかがお過ごしでございますでしょうか?

 

私は、小学校に通う長女の夏休みの図工の課題の一環で、兵庫県立美術館に行って参りました。

普段、一緒に仕事をしている当社設計士から、日々その魅力を教えて貰っていた建築家の安藤忠雄氏の作品を

私自身、久しぶりに体感してみたいという想いと合わせ、半ば強引に家族を巻き込んだ所が本当の所でありますが・・・

美術館の8月の展示内容が前衛美術でした。私でさえ素養が無い中で、小学3年生と幼稚園児の娘2人は退屈し、

騒いだりしないかと不安はありましたが、地下駐車場から美術館エントランスに至る荘厳な空間と安藤建築の特徴である

打放しコンクリートの存在感に圧倒され、家族全員が心落ち着いた状況になりながら各作品と向かい合えました。

館内の優しい学芸員の方から娘達に「難しく何を描いているのか考えず、各アーティストの作品の特徴を感じてみてね!

それがその人の個性で、色んな個性がある事が大切なんだ!」とのアドバイスを受け、親子でヒソヒソ色々と感じた事を

話し合い、子供の成長と大人には無い独創性に驚きを感じ、感動の一日でした。

住まいづくりも同じで、住まい手のご家族が日々の生活の中で住空間を通じ、家族それぞれの五感を通じ、

時間を共有できる住まいが素敵だと再認識しました。

美術館内には設計者の安藤忠雄氏の実例模型の展示コーナーがあり、子供達にも分かり易い展示で、

娘は喰い入るように模型を見つめ「お父さんもこんな風に考えて作ってるん?」と聞かれ、返す言葉は

見つかりませんでしたが、建築の仕事の意義の一端を知って貰えた事は私にとっては誇らしく、良い一日になりました。

 

担当:営業