Vol.221 建築さんぽ inウィーン

こんにちは。神戸注文住宅・IDA HOMESのHaseです。

 

今回のブログでは、今夏に訪れたオーストリア・ウィーンで見た建築のなかから1つご紹介したいと思います。
今回ご紹介するのは、オットーワーグナー設計の郵便貯金局

 

正面の建物が郵便貯金局。

オットーワーグナーはオーストリアの建築家で、グフタス・クリムトを中心として結成した、ウィーン分離派の中心人物のひとり。設計した建築物のほとんどはウィーンにあり、郵便貯金局の他にも街を歩いているとオットーワーグナーの建築を見ることが出来ます。

 

郵便貯金局は、鉄筋コンクリート造の建物。
竣工した1912年代のヨーロッパでは石積の建物が主流だったこともあり、鉄筋コンクリート造は当時としては新しい工法だったようです。

 

郵便貯金局の正面玄関。個人的に庇が好きです。

 

正面玄関は、大理石の白い壁とリベットなどのアルミニウムのシルバーがアクセントとして施されています。

建物内にはいると、ホールのように広々とした空間が広がっていました。

 

 

私の第一印象は「近未来的!」
近未来といっても、今の時代に思い描く近未来というよりも、昔の映画で描かれていた近未来のような、どこかレトロで懐かしい雰囲気をまとった近未来っぽさで。この感じ、伝わっていますかね?(笑)

基本的に、ホワイトとシルバーの二色の色合いで構成されていて、一見シンプルなデザインのように見えますが、電灯や通風孔へデザインが細かく施されていて、単調になりすぎないバランスを生み出すアクセントになっています。

 

壁のラインを縁取るステッチのようなデザイン。

裸電球を生かした柱部分の電灯。

 

ホールの両端と正面には、それぞれ番号が割りふられた受付が並んでいて、ここがかつて郵便局として利用されていた面影を感じます。

 

受付の数字フォントが、どことなく角ばっていて可愛い。

アーチのようなホールの中央部分。

 

ホールの中央部分の天井はアーチのようになっており、そこだけ天井高が少し高くなっています。この日は曇りの天気でしたが、二重ガラス構造の天井から入ってくる自然光がほどよい明るさでした。

天井もガラスですが、床もガラス。

 

床のガラスブロック。

 

なんともいえない透け感が非日常的な雰囲気を醸しだしていますが、思い返せばここは郵便局・・・。以前紹介したウィーン経済大学の図書館もそうですが、公共的な建物に非日常的な瞬間を感じることに面白さを私は感じました。

 

ウィーン経済大学のラーニングセンター(図書館+学習センター)

かつてオットーワーグナーは「芸術は必要にのみ従う」と主張しています。
これは「芸術は鑑賞されるものだけでなく、使われてこそ意味がある。そして、その中にも美しさがなくてはならない」という意味が込められているそうです。

そんな実用性と美しさの融合を目指したワーグナーの言葉に、デザインと快適さの絶妙なバランスの取れる住宅を目指しているIDA HOMESとの接点を勝手ながら感じました。

 

100年前の建築から得るものは無数にあるなと改めて思った旅の記録でした。

 

担当:事務

vol.220 阪急電車に乗って

 

IDAHOMESの最寄駅、王子公園駅を通る路線“阪急電車”。

息子が電車好きで阪急路線沿いに住まいもあるので、日頃から阪急電車をよく利用し、電車イベントにもよく足を運んでいます。

今まで通勤で10数年と利用してきて子供が生まれるまではただの移動手段だったのですが、子供が生まれ、たまたま電車にはまり電車との距離が近くなり毎日電車

に乗ることが特別なことのように楽しく通勤できるようになりました。

 

 

1000系~型番によって製造された年代が違い、窓がコンパクトだったり、窓周りの素材や車体フォルムが微妙に違っていたり、ライトなどのちょっとした設備など細かな仕

様も違います。

神戸線では新車両が多く、年数が経った古い車両は、能勢電鉄や宝塚線などで運行されているようです。自然豊かな能勢の町に旧モデルの阪急電車が通る風景は個人的にはとて

もしっくりきます。・・すっかり電車オタクですね笑

阪急電車の象徴的なカラー“マルーンカラー(あずき色)”は創業当時から100年以上もの間変らず私たちの街を走りつづけているそうです。

マルーンカラーの車体にゴールデンオリーブ色(深い緑)やエンジの座席シートには高級布アンゴラヤギの毛が張られており、

木目調の車内とマッチし、高級感のある車両に仕上げています。

 

また、最近の阪急電車は、くまのがっこうコラボのラッピングした車体が登場したりと

とてもカラフルです。シンプルなボディもいいですが、いつ乗れるかわからないたまに来るラッピング車両もワクワクします♪

 

くまのがっこうスタンプラリー 最終地点の”大阪梅田駅”

 

数ある阪急電車の中で今は2011年に登場した観光列車“京とれいんや京とれいん雅楽”にはまっています。

 

“京とれいん雅楽”の車内を見学できるスタンプラリーにも参加してきました。

観光客から見る京都らしさを詰め込んだ列車にはなりますが、

車両によって雰囲気が違い、1時間ほどの旅ですが京都への期待感を高めてくれます。

特別列車料金も不要で、時間さえ合えば乗れるところもいいですね。

 

和の雰囲気を再現するために、車内の空調を家具のように溶け込ませていました

 

普段何気なく移動手段に使う電車でも、歴史があり、たくさんの発見があります。

日常の何気ないことでも楽しめるような心の余裕を持てるようになりたいです(*^_^*)

 

 

担当:事務

vol.219 神戸の山歩きの魅力

 

先日芦屋のロックガーデンのあたりを家族と散策してきました。

 

 

阪急芦屋川駅から出発して、高座の滝、ロックガーデンを通って風吹岩へ、そこから荒地山に廻って

再び高座の滝まで帰る、短いながらもバリエーションの豊かなルートを楽しみました。

荒地山では正規ルートから外れてしまい、岩場でちょっとスリリングな思いをしたり、

 

川で謎?の石像に遭遇するなど新たな発見もありました。

 

 

神戸の山歩きの魅力は、アドベンチャーあり、スリルあり、静かな木漏れ日の道あり、照り付ける太陽と岩場あり、

といろいろな表情の道や景色を見せる表情豊かな山々を、お気軽な散歩の延長からハードな登山まで、

各人に合せたルートで体験できることだと思います。

 

 

自身が小さなころから体験してきたように、次の世代の子供たちにも同じ経験をさせてやりたいと思う今日この頃です。

 

 

担当:設計

vol.218 家族で安藤忠雄建築を見学

暑さも彼岸までと申しますが、夏休みの旅行の思い出の余韻と同様に

未だ蒸暑い夏の日が続く今日この頃、皆様いかがお過ごしでございますでしょうか?

 

私は、小学校に通う長女の夏休みの図工の課題の一環で、兵庫県立美術館に行って参りました。

普段、一緒に仕事をしている当社設計士から、日々その魅力を教えて貰っていた建築家の安藤忠雄氏の作品を

私自身、久しぶりに体感してみたいという想いと合わせ、半ば強引に家族を巻き込んだ所が本当の所でありますが・・・

美術館の8月の展示内容が前衛美術でした。私でさえ素養が無い中で、小学3年生と幼稚園児の娘2人は退屈し、

騒いだりしないかと不安はありましたが、地下駐車場から美術館エントランスに至る荘厳な空間と安藤建築の特徴である

打放しコンクリートの存在感に圧倒され、家族全員が心落ち着いた状況になりながら各作品と向かい合えました。

館内の優しい学芸員の方から娘達に「難しく何を描いているのか考えず、各アーティストの作品の特徴を感じてみてね!

それがその人の個性で、色んな個性がある事が大切なんだ!」とのアドバイスを受け、親子でヒソヒソ色々と感じた事を

話し合い、子供の成長と大人には無い独創性に驚きを感じ、感動の一日でした。

住まいづくりも同じで、住まい手のご家族が日々の生活の中で住空間を通じ、家族それぞれの五感を通じ、

時間を共有できる住まいが素敵だと再認識しました。

美術館内には設計者の安藤忠雄氏の実例模型の展示コーナーがあり、子供達にも分かり易い展示で、

娘は喰い入るように模型を見つめ「お父さんもこんな風に考えて作ってるん?」と聞かれ、返す言葉は

見つかりませんでしたが、建築の仕事の意義の一端を知って貰えた事は私にとっては誇らしく、良い一日になりました。

 

担当:営業

vol.217 徳島県 剣山にハイキング

7月末に、徳島県の剣山に家族でハイキングに行ってきました。

剣山は石鎚山に次いで四国で2番目に高い山です。
山頂は1955mですが、山頂近くまで登山リフトがあり、本格的な登山者だけでなく老若男女が頂上まで簡単に登ることのできる素人にも敷居の低い山となっています。

今回は、天の川がきれいに見られるらしい評判の撮影スポットで夜に星空観賞もする計画です。
神戸を出発してとりあえずの目的地である登山リフトの見の越駅に着いたのは午前9時30分、自宅から車で4時間の道のりでした。

うち1時間半は山中の峠道でしたのでかなりの僻地感があります。今回は子連れ登山となりますので、6歳の長女の脚力を考慮して登山口から出ている登山リフトで途中まで上がることにしました。標高1420mの見の越駅から1750mの西島駅まで所要時間15分ほどで一気に上がることが出来ます。
リフトは帰りも使いましたが、行きはひとりで乗るのを怖がりだっこして一緒に乗った長女も、帰りは志願してひとりで乗りました。
とても楽しかったみたいです。

リフトを下りてからは、主に石段の登り道をしばらく歩き11時過ぎには標高1955mの頂上に着きました。頂上附近は植物保護のために木道となっております。

剣山頂上にて

平日ということもあって、道中出会うかたの大半は60歳以上で、子供連れは私たち以外は1組だけでした。
自生植物の鑑賞目的と、登山目的のかたが半々といったところでした。

次郎笈に向かう

頂上で早めの昼食をとってから、兄弟峰である次郎笈(じろうぎゅう)まで、稜線を歩いていきました。
なかなか幼子連れのハイキングでこんな立派な稜線を歩く機会はないので、とても楽しい良い経験ができました。

 

帰り道は行きと違うルートを通って、リフトの駅まで下りましたが、苔の生えた石灰岩の岩肌や、朽ちた古木や、美しい樹形の木々に癒されました。
普段見られない幻想的な景色が見られるのは僻地の高山ならではかもしれません。

リフトで下りて駐車場に戻ったのが15時30分ごろで、都合5~6時間の行程でしたが、子供たちは特別疲れることもなく大喜びでテンションが上がってました。

夜まで時間があったので、8㎞程離れたところにある奥祖谷二重かずら橋まで行ってみました。

なんとなく行くことは絶対にない僻地にありますので、剣山とセットでの訪問をぜひおすすめします。
西祖谷山村にもかずら橋がありますので、こちらにあえて行かれるかたは少ないと思います...

かずら橋は足元が透けすけでスリル満点でした。

当たり前ですが、橋はワイヤーで補強されていて大昔の通りではなかったです。

 

野猿 綱を引いて移動

野猿というロープを引いて移動するアトラクションもあり、子供たちは大喜びでした。河原に下りることができましたので下りて川遊びをしました。

 

その後は残念ながら雨が降ってきて、星空観賞は断念しました。自然相手ですのでタイミングが難しいですね。
前日確認して晴れだった天気予報もいつのまにか夕方から雨予報となっていました。登山中に雨に見舞われずにラッキーだったと思わないといけません。

神戸の自宅に着いたのは夜の10時前で、結構な強行軍となりました。長時間の移動となりましたが、しっかり体を動かしましたので、心地よい疲れと満足を味わえた一日となりました。

 

担当:設計

vol.216 日本の原風景

 

毎日、暑いので涼を求めて鳥取県の芦津渓谷の奥にある“みたき園”へ行ってきました。

 

山の中にある園内には、茅葺き屋根のお食事処が点々とあり

季節にごとに旬の山菜料理を食べることができます。

 

昔ながらの建物にエアコンはありませんが

扉や窓は開けっ放してあるので、風が吹けば心地よく過ごすことができました。

小川や水車、滝も流れています。

人口で作られたものですが、年月とともに自然の中になじんで溶け込んでいて

自然と一体となった空間は、すごく贅沢な感じがしました。

 

 

放し飼いのニワトリがいたり、大きな木彫りのトロールの神社もあり、園内を散策するだけでも楽しめると思います。

 

 

 

今回、夏も木々の緑がきれいでしたが

秋もまた紅葉がきれいだと思うので、行ってみたいと思います。

 

すぐ近くに“どんぐりころころ公園”という、かわいい名前の公園がありましたので

秋になると、どんぐりがたくさん転がっているかもしれませんね。

 

みたき園
http://ashidumitakien.jp/

 

担当:事務

vol.215 気軽にアウトドアを始めよう

 

梅雨が明け本格的な夏がやってきました。
水分と適度な休養をとり、元気に夏を楽しみましょう。

夏といえば、アウトドア!
最近、第3次キャンプブーム=アウトドアブームにより
外遊びが益々活発になってきていますね。
普段そこまでアウトドアをしていなかった人もグッズを揃え
始めたり、気になっているのではないでしょうか。

春にフランスのアウトドアメーカー”デカトロン日本1号店”が西宮ガーデンズにも
オープンし、賑わっています。

我が家も子供がが活発になってきて、公園や自然へ出かける機会も増えてきたので
とりあえず少し休憩できる簡易テントから購入してみようと探し始めました。
検索検索・・調べていると昔とは異なるキャンプスタイルが次々と出てきます。

最近のキャンプスタイルは昔のキャンプブームの時とは異なり、
設営もしてあり、必要なものも備え付けられていて手ぶらで気軽に利用できる
”グランピング”が人気です。
物を所持しない時代にフィットしていますね。
価格ランクによりボリューム感は異なりますが、それぞれインテリアも違い
ホテルのようなオシャレな空間ばかりです。

グランピングは予約でいっぱいなので、
まずは公園でテントを広げることからと思いテントを調べてみました。

ポップアップテントとワンタッチテントがあります。
通風・虫除け・UV加工・砂が入りにくいなど各メーカー特徴があるようです。

<ポップアップテント>
1~3人までのテントによくみられます。
袋から出すとバネのように弾み自動的に立ち上がりワンタッチで設営でき簡単です。
大きくない広場でも邪魔にならず気軽に使えそうです。
ただ、友人が使っているのをみて、コツをつかめば簡単みたいですが
撤収時、うまくたたまないと収納しにくいようです。
口コミでも直すのにイライラすると。
ちょっと荷物を置いてパラソル代わりのちょっとした休憩程度ですね。トートバッグのように
肩にかけられて軽いのがいいですね。

<ワンタッチテント>
3~5人くらい用が多いです。
折りたたみ傘のように広がり、設営はポップアップテントに比べて多少時間はかかるけれど
骨組みがしっかりしていて強風にも耐えれそうです。
収納もそれほど時間はかからなそうでした。
骨組みが多いたため、重量・大きさが出るので移動手段や普段の置き場所を考慮して
購入したほうがよさそうですね。
晴天であればキャンプもできそうな印象です。

公園にて。友人はポップアップテントを使用していました。

人が賑わい混み合う場所ではポップアップテントが立てやすいかもしれません。

 

収納時のボリューム感を比較して、安いものなので買い換えるものとして
考えています。
また購入後の感想などを記事にしたいと思います。

 

担当:事務

Vol.214 DIYな日々その6 ~ロープの加工~

 

こんにちは

このDIYな日々シリーズもいつの間にか6回目となりました。

今回はロープに関しての小技を紹介したいと思います。

わたしは仕事柄、積み荷の固定や安全柵代わりにしばしばロープを使うことがあるのですが必要な長さを切り取って使う場合、

写真のように端部がすぐにほつれてきてしまいます。

 

 

よく見かける対処法としましてはポリロープの場合端部を炙って固めてしまうか、端部にビニールテープなどを巻く等の方法です。

私も昔は同じようにしていましたがある時、職人さんから編み込むことによってほつれを防止する方法を教えてもらい今はその方法をよく使います。

取りあえず家にあるロープで試しに編んでみました。それがこれです。

 

編んであるロープの端部を数センチほどいて折り返して編んでいく方法です。

この方法だとロープ自体を編み込んであるためテープ固定や炙って固定するだけに比べてほつれることがほぼありません。

最後に編み終わりの部分に熱収縮チューブをかぶせて熱を加えて完成です。

慣れるとそんなに難しくは無いです。

バックスプライス編み

バックスプライスという編み方です。

この編み方の応用としてロープの先に輪っかを作るアイスプライス(薩摩編みともいう)という編み方や、

アイスプライス(薩摩編みともいう)編み

ロープ同士を編み込んで繋ぐショートスプライスという編み方があります。

ショートスプライス編み

 

ショートスプライス編み

 

今回のテーマはロープを使うことの無い人にはあまり必要ない知識かもしれませんが知っていて損は無いかと思います。やってみると結構面白いですよ。

編み物が得意な方は上手にできるかもしれませんね。

興味のある方はインターネットでそれぞれの編み方名を検索してもらえれば詳しく編み方を教えてくれる動画が多数ありますので参考にしてみてください。

それではまた!

 

担当:工務

Vol.213 松下幸之助歴史館で学ぶ

突然ですが、パナソニックは、今年創業101年だそうです。

先日、5月初旬にリニューアルされた松下幸之助歴史館を訪れました。

松下幸之助が創立したパナソニックは中国でも凄く有名です。ちょうど先月父が中国から日本へ来ていたので、

日本人が長年尊敬していた「経営の神様」と言われた松下幸之助氏の生涯経歴から一緒に何か勉強しようということになりました。

 

 

松下氏は、社員だけでなく世の中の全ての人が幸せになるという責任感を持って、沢山の困難時期を乗り越え、松下電器を世界的企業に成長させました。

歴史館内には、松下氏個人の「道」と会社の経営理念「綱領と信条」が展示されており、日本だけでなく、

どの国どの企業に対しても参考になり、大変価値がある内容だと感じました。

展示資料の松下氏の通帳

 

展示資料の松下氏の通帳を見ると、昔の日本の生活費は一ヶ月たった数円で、現在の何十万円からの生活と比べたら、

外人の私には全く想像できないレベルです。

起業する時、最初の製品はこの自転車に付いているランプだそうです。

当時から比べると現在では企業も拡大し、数えきれないくらいの製品が発表されています。

私たちの暮らしになくてはならない製品ばかりです。

日本屈指の素晴らしい企業だと思います。私に撮っては想像できないレベルです。

 

 

最後に・・パナソニックの昔から今に至る製品の変遷をみることが出来ます。

ご興味があれば是非一度行ってみてはいかがでしょうか。

 

担当:設計

Vol.212 ひらきながら、とじる住まい

『 日光をたくさん採り込めるように、窓を大きく取りたい! 』
『 開放感のあるリビングにしたい! 』

 

『 でも、隣家の視線が気になって窓を開けにくいかも・・・』
『 カーテンを締めきって生活するのはもったいないし・・・』

 

家づくりを考える中で、そんなお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。人通りや車通りの多い道沿いの敷地や住宅密集地になると、特に気になるポイントにもなるかと思います。

 

プライバシーと開放感

 

一見、対照的にも思えますが、意外にも密接したつながりを持っています。

 

今回は、プライバシーを確保しながらも開放感を併せ持たせる。そんなバランスの取れた空間づくりのアイデアを、IDA HOMESの施工事例と合わせてご紹介します。

(さらに…)

Vol.211 東寺の弘法市

先月の21日に、建築家の中村好文先生の新刊出版記念のトークショーに京都まで行ってきました。

トークショーでは、当たり前ですが中村先生は写真のまんまが動いていて、雰囲気やトークもイメージ通りでちょっとした感動がありました。

いただいたサインは我が家の家宝にしたいと思います。

講演会場では設計の原図も見ることができて、大変勉強になりました。

図面について質問したいことがたくさんできましたが、質問の時間もツテもなく、これから先生の本を読み込んでいって自分のものにしたいと思います。

(さらに…)

Vol.210 懐かしい場所を訪れて

先日、妻の実家がある生駒市への道中、新婚時代によく食事に行っていたスリランカ料理のお店「Lucky garden」に行ってきました。

 

このお店には、暗峠近くの山頂の棚田を利用したガーデン席があり、暖かくなる春になるといつも奈良盆地と山々の景色を楽しみながら、

オーガニック食材で作られた本場のカレーを堪能できる、夫婦にとっての隠れ家的なお店でした。

(さらに…)